プレスリリース 2004年

ソフトバンク、本社移転について

2004年6月9日

ソフトバンク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:孫 正義、以下、ソフトバンク)は、2005年2月に本社を現在の中央区日本橋箱崎町から、港区の「汐留シオサイト」地区に移転いたします。

今回の移転は、ブロードバンドインフラ事業を中心としたソフトバンク・グループの事業規模が急拡大し、就業人員が急増していることに対応するものです。また同時に、グループ企業についても新本社に集約し各事業の連携強化と業務の効率化を図ります。

新本社には、託児所や社員クラブなども開設する予定で、従業員の福利厚生が大幅に向上し、「働きやすいオフィス環境」を実現します。

なお、本移転は本年6月24日に開催されます第24回定時株主総会における決議をもって正式決定となります。

1.新本社の特長

  • 1フロア、3,300平方メートルの広大なオフィスフロアにより空間利用の大幅な効率化を実現。

  • ユニバーサルレイアウトの採用により、人員数の変動に柔軟に対応できるレイアウトを実現。

  • 社員クラブ、託児所、健康管理室などを設置し、従業員の福利厚生を大幅に向上。

  • 最大600名収容のセミナールームなど教育訓練施設の充実。

2.新本社の概要

住所 東京都港区東新橋1-9-1(汐留シオサイト)
都営大江戸線 汐留駅 直結
名称 東京汐留ビルディング(地上37階、地下4階)
建築主 森トラスト株式会社、住友不動産株式会社
入居予定フロア 1階、3階〜26階(オフィスフロア全て)
使用面積 82,700平方メートル
入居予定社 ソフトバンク及びグループ企業約20社
入居人員数 約10,000名

3.新本社の外観

ソフトバンク株式会社

所在地 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
代表 孫 正義
資本金 162,303,564,101円
主な事業
  • ブロードバンド・インフラ事業
  • イーコマース事業
  • イーファイナンス事業
  • メディア・マーケティング事業
  • 放送メディア事業
  • インターネット・カルチャー事業等
  • テクノロジー・サービス事業
売上高 5,173億円(平成16年3月期連結)

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。