プレスリリース 2006年

訴訟の取下げおよび関係会社における新たな訴訟の発生に関するお知らせ

2006年1月23日

2004年6月25日付プレスリリース「訴状の通達に関するお知らせ」の対象である訴訟については、原告のMarketXT Holdings Corp. *1(以下、MarketXT社)により2005年11月14日付で取下げられました。そして新たに2005年12月6日付で、同社の管財人らにより合衆国破産裁判所(ニューヨーク州南地区)に訴訟が提起されました。なお、原告が訴える損害賠償請求金額3億米ドル超は、当社連結の適時開示基準に該当いたしますので以下のとおりお知らせします。

なお、下記訴訟は当社全額出資子会社ソフトバンク・エーエム株式会社((旧)ソフトバンク・ファイナンス株式会社、本社:東京都港区、代表者:大久保隆、以下、SBAM)およびソフトバンク・コンテンツファンドにより提出された、MarketXT社に対する米国会社更生法(チャプター・イレブン)上の債権(持分)の届出に対する反訴として提起されたものであります。

当社としては、この訴訟においても前回同様原告側の主張する内容は事実に反し合理性がなく、また、ソフトバンク・コンテンツファンドとしては本件原告主張事実に何ら関与がないことから、被告側に法的責任はなく、当社グループにおいて財務上の損失発生の可能性はないものと考えております。

1. 訴訟当事者

原告
  • 1)MarketXT社の管財人
  • 2)同社の債権者委員会
被告
  • 1)SBAM
  • 2)ソフトバンク・コンテンツファンドのマネージング・パートナーとしてのソフトバンク・インベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表者:北尾吉孝)

2. 主な訴訟内容および損害賠償請求金額

(1)主な訴訟内容

  • 1)SBAMがMarketXT社の破産に先立ち弁済を受けた貸付金の返金請求

  • 2)米国E*TRADE FINANCIAL Corp.*2(以下、米国E*TRADE社)にMarketXT社の子会社を売却した取引において、米国E*TRADE社の重要な情報を被告の忠実義務違反等により入手できなかったとし、これにより発生した損害に対する賠償請求

  • 3)MarketXT, Inc. *3(MarketXT社の子会社)の廃業の原因が被告にあるとし、その廃業に伴う損害賠償請求

(2)損害賠償請求金額

3億米ドル超

[注]
  • *1(和文表記)マーケット・エックスティー・ホールディングス・コープ
  • *2(和文表記)イー・トレード・ファイナンシャル・コープ
  • *3(和文表記)マーケット・エックスティー・インク

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。