プレスリリース 2006年

入社式あいさつ(骨子)

2006年4月3日

本日行われたソフトバンクグループ入社式で、ソフトバンク株式会社 代表取締役社長 孫 正義がグループを代表して新入社員273名に向けて以下の言葉を贈りました。骨子は以下のとおりです。

新入社員の皆さん、本日はおめでとうございます。

人は、様々な苦しい試練を体験することで、それを乗り越える力が備わり成長していくものだと私は考えています。

創立以来の二十数年間、様々な困難を体験してきたソフトバンクグループですが、乗り越える度に知恵や知識を身に付け、今日多くの新入社員をむかえられるまでに成長しました。

私はこれまで、目標を達成するために様々な試練を乗り越え、夢を一歩ずつ実現してきました。先日のボーダフォン買収で立てた目標は、「必ず業界No.1になり、世界中の人々に我々のサービスやプラットフォームを使ってもらう」ことです。熾烈な競争になるのは必至ですが、具体的な目標と期間をはっきり思い描くことで、たいていの夢は叶えられると信じています。

人は聞きます。「売上1兆円を超える企業集団となった今、それでもなお挑戦を続けるのは何故か」と。それは、チャレンジ精神を失ったらソフトバンクグループがソフトバンクグループでなくなるからです。どんなに困難なことでも志を持ち続けていれば、創業以来掲げている「デジタル情報革命」を推し進め、世界中の人々に幸せと新しいライフスタイルを提供していけるのです。

今日という日は、皆さんにとって人生の大きな転換点になるでしょう。そして、人生を通じて持ち続ける夢と志を忘れないでください。

「世界No.1の企業集団」へ。

この目標へステップアップしながら、一緒に素晴らしい人生を過ごしていきましょう。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。