プレスリリース 2006年

お客さま第一主義の継続

2006年4月14日

ボーダフォン株式会社(本社:東京都港区、社長:ビル・モロー)は、現在実施されているソフトバンクグループによるTOB(株式公開買付け)の完了をもってソフトバンクグループ傘下となることが決定しておりますが、本件発表以来、多くのお客さまからお客さまセンターおよびボーダフォンショップへお問い合わせをいただいております。これまでにお寄せいただいたお客さまからの多くの声にお応えするために、当社とソフトバンク株式会社との間で、以下について決定しましたのでお知らせいたします。

1.メールアドレスの継続

現在「ボーダフォンライブ!」で提供しているメールサービスのEメールアドレスのドメイン名(「@」記号より後ろの部分)について、既存のお客さまはブランド変更後も引き続き「vodafone.ne.jp」を利用してメールの送受信ができるようにします。

2.既存サービスの継続

LOVE定額、家族通話定額などの定額サービスや、ハッピーボーナスなどの基本使用料割引サービス等、現在ご利用いただいているサービスは、今後も継続して提供していきます。また全国1,858店(2006年3月末現在)のボーダフォンショップをはじめとする全国の販売チャネルおよびアフターサービス網の整備と、お客さまセンター等におけるお客さま対応レベルの向上にこれまで以上に注力し強化・拡充していきます。

3.社名・ブランドの変更

お客さまにわかりやすく、親しみやすい社名およびブランド名を、準備が整い次第発表します。

4.ネットワーク、携帯電話、サービスの積極展開

これまで以上に積極的に設備投資を行い、ネットワークの拡大、つながりにくいエリアの解消、屋内対策などを重点的に実施します。また、携帯電話ラインアップおよびコンテンツを始めとした各種サービスも、お客さまのご期待以上のものを提供していきます。

5.ソフトバンクグループ内のシナジー

ソフトバンクBB株式会社、日本テレコム株式会社、ヤフー株式会社等、ソフトバンクグループ各社との連携を深め協働することで、「デジタル情報革命」推進を加速させていきます。

今後ボーダフォンは、ソフトバンクグループの新たな一員として、これまで以上に日本市場に合った革新的な商品・サービスの開発・提供に努め、一人でも多くのお客さまにご満足いただけるコミュニケーション価値を提供してまいります。

[注]
  • *LOVE定額、ハッピーボーナスは、ボーダフォン株式会社の登録商標または商標です。
  • *Vodafone(ボーダフォン)、Vodafone live!(ボーダフォンライブ!)は、Vodafone Group Plcの登録商標または商標です。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。