プレスリリース 2010年

Ustream, Inc.への出資について

2010年2月2日

当社は、インターネットを利用したライブ動画の配信サービス(ビデオストリーミングサービス)を提供する、Ustream, Inc.(ユーストリーム、本社:米国カリフォルニア州、社長:John Ham(ジョン・ハム)、以下Ustream)に対し、2010年1月29日に約2,000万米ドル(約18億円、出資比率13.7%)を出資しましたのでお知らせします。今後2011年7月までに追加で株式を取得できるすべてのオプションを行使した場合には、合計で約7,500万米ドル(出資比率30%強)の出資になり、同社の筆頭株主になる予定です。

Ustreamは2007年3月に事業を開始し、PCやスマートフォンを通じて、誰でも美しいライブ動画を配信・視聴でき、また配信された動画をいつでも視聴できるサービスを提供しています。月間で5,000万人以上の視聴があり、メディア・コンテンツホルダーと連携した多くのプレミアムコンテンツ(映画や音楽、スポーツ関連映像など)も配信しているのが特長です。また、TwitterやMySpaceとも連携しており、ユーザー同士が映像を見ながらコミュニケーションをとることができます。さらに、iPhoneでのアプリケーションのダウンロード数は150万を超え、利用者数は急増しており、今後さらなる成長が期待できます。


ソフトバンクグループはすでに、世界最大級のSNS向けアプリケーションプロバイダーであるRockYou, Inc.(ロックユー、月間訪問者数 約2.5億人)や、中国で最大規模のSNSサイト「人人(レンレン)」などを運営するOak Pacific Interactive(オーク・パシフィック・インタラクティブ、登録者数 約1.2億人)などの新世代のインターネットサービスを提供する有力な海外企業に出資をしています。RockYou, Inc.とは、2009年2月にロックユーアジア株式会社を設立し(主な株主:ソフトバンク(株) 44%、RockYou, Inc. 44%、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株) 9%)、すでに日本およびアジア各国の文化や習慣に合わせて新しいテイストを加えたアプリケーションを提供しています。ソフトバンクグループでは、今回のUstreamへの出資も含め、引き続きグループ内におけるさまざまなシナジーの創出を図ってまいります。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。