プレスリリース 2010年

Ustream Asiaの設立とiPhone向け日本語版アプリケーションの提供について

2010年5月18日
ソフトバンク株式会社
TVバンク株式会社
Ustream, Inc.

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義、以下ソフトバンク)とインターネットを利用したライブ動画の配信(ビデオストリーミング)サービスを提供する、Ustream, Inc.(ユーストリーム、本社:米国カリフォルニア州、社長:John Ham(ジョン・ハム)、以下Ustream社)は共同で、アジアでの事業展開を目的とした合弁会社「Ustream Asia株式会社(以下Ustream Asia)」を設立することに合意しました。ソフトバンクは、100%子会社であるTVバンク株式会社(本社:東京都港区、社長:中川 具隆)を通して、新会社へ出資する予定です。(準備会社について2010年5月19日に設立、その後速やかに合弁会社化します。)また、ソフトバンクはUstream社に対し、6月中に1,000万米ドル(約9億円)の追加出資を行う予定です。これにより、出資比率は19.04%となる見込みで、今後2011年7月までに追加で株式を取得できるすべてのオプションを行使した場合には、合計で約7,500万米ドル(出資比率30%強)の出資になり、同社の筆頭株主になります。

ソフトバンクはUstream社に対し、2010年1月に2,000万米ドル(約18億円、出資比率13.55%)を出資し、合弁会社設立のため協議を重ねてきました。Ustream Asiaは、まず日本での事業展開を本格化させ、その後アジア各国で事業を拡大できるよう準備を進めていきます。日本では既に、2010年4月にUstream日本語版サイトの提供を開始しており、このたびの新会社の設立は特に日本を含むアジア各国におけるUstreamの利用をさらに促進することを目的としています。

また、より多くの方々にUstreamをこれまで以上にお気軽にお楽しみいただくため、iPhone™向けアプリケーションの「Ustream Viewer(ユーストリーム ビューアー)」と、「Ustream Broadcaster(ユーストリームブロードキャスター)」の日本語版の提供を開始します。

Ustreamのジョン・ハム最高経営責任者(CEO)は、「誰にでもライブ動画を届けたいというわれわれのビジョンは一貫しており、ソフトバンクとの合弁会社設立は、そのゴールにたどり着くための第一歩です。ソフトバンクは既に主要なインターネットカンパニーをアジアへ持ちこんだ実績があるので、ソフトバンクと協業し、Ustream Asiaを展開していくことに大変興奮しています。」とコメントしています。

ソフトバンクの孫 正義代表取締役社長は、「このたびUstream社と共同で合弁会社を設立する運びとなり大変うれしく思います。アジア各国でのインターネット利用者数は急増しており、Ustream Asiaは拡大する市場に向けたライブ動画配信のプラットフォームとなります。日本でのUstreamの利用者数も急増しており、日本を含むアジア各国での今後のビジネスチャンスに大いに期待しています。」とコメントしています。

Ustream Asiaの設立により、より多くの人々が、いつでもどこでも気軽にUstreamを使って動画の配信や視聴を楽しめるようサービスの拡充を目指していきます。

[注]
  • 「Ustream Viewer」「Ustream Broadcaster」は、それぞれUstreamでのライブ映像をiPhoneで気軽に視聴・ライブ動画の配信ができるアプリケーションです。

Ustreamについて

Ustreamは、月間ユニークユーザー数は1億人を有する、インターネットを利用したライブ動画配信事業の先駆者です。Ustreamのプラットフォームを利用することで、個人や著名人、企業などが、無限に広がる世界中の視聴者へライブ動画を配信することが出来ます。PCやスマートフォンを通じて、誰でも美しいライブ動画を配信・視聴でき、また配信された動画をいつでも視聴できるサービスを提供しています。Ustreamの双方向コミュニケーション機能により、フェイスブック、ツイッター、マイスペースやAIMをリアルタイムに楽しむことができ、何百もの著名ユーザーがUstreamを通して何百万もの視聴者へ情報発信を行なっています。Ustream は米国・カリフォルニア州 マウンテンビューに本社を置く、株式非公開会社で、Ustreamのオフィシャルツイッターアカウント(英)は「@Ustream」、フェイスブックでの公式コミュニティは「Facebook.com/Ustream」です。

月間で1億人以上の視聴があり、メディア・コンテンツホルダーと連携した多くのプレミアムコンテンツ(映画や音楽、スポーツ関連映像など)も配信しているのが特長です。

Ustream Asiaの概要

事業内容 インターネットを利用したライブ動画の配信(ビデオストリーミング)サービスを提供
代表者 代表取締役社長 中川 具隆
資本金 200百万円、資本準備金200百万円(予定)
資本構成 TVバンク 60%
Ustream, Inc. 32%
DCM(ファンド) 8%
[注]
  • *2011年8月9日付で、社名の表記を登記上の社名(商号)「Ustream Asia株式会社」へ修正しました。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。