プレスリリース 2010年

ジンガがソーシャルゲーム事業者「ウノウ」を買収
ジンガジャパンのモバイル向けゲーム開発体制を強化

2010年8月6日
ソフトバンクグループ
Zynga Game Network Inc.

Zynga Game Network Inc.(ジンガゲームネットワーク、本社:米国カリフォルニア州、CEO:マーク・ピンクス、以下ジンガ)は、このたび日本におけるソーシャルゲームのリーディングカンパニーの一つであるウノウ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山田 進太郎、以下ウノウ)を買収しましたのでお知らせします。ウノウは、ソフトバンクグループとジンガで設立する合弁会社「ジンガジャパン」が、今後日本のソーシャルゲーム市場に参入するにあたり、モバイルを中心としたゲーム開発と事業展開を行う基盤となります。

ウノウは、2001年に設立された日本のソーシャルゲーム業界における先駆的な事業者であり、現在は、「まちつく!」、「バンドやろうよ!」、「海賊クロニクル」などの人気ゲームを提供しています。ジンガジャパンは、「mixi」、「モバゲータウン」、「GREE」上のウノウのゲームを引き続き提供しながら、ジンガのゲームをローカライズし、さらに日本市場向けの新しいゲームの開発を行います。

「日本のソーシャルゲーム業界の先駆者であるウノウが、われわれジンガ・ファミリーに加わることを、大変嬉しく思います。彼らにはすでに革新的なゲームで成功した素晴らしい実績があり、われわれが日本で集め始めているトップレベルのチームを補完するのに、完璧な存在です」とジンガのCEOで創設者であるマーク・ピンクスはコメントしています。

「ジンガに加わり、ともに日本のユーザーにジンガのゲームを普及させていくことを楽しみにしています。ジンガが日本のソーシャルゲーム市場を牽引し、成長するための一員となり、日本の先進的なモバイルおよびウェブ環境に、最高のソーシャルゲームを提供していくサポートができることを、非常に嬉しく思っています」とウノウの創業者 兼 代表取締役社長の山田 進太郎はコメントしています。

ジンガジャパンについて

ジンガジャパンは、ソフトバンクグループとジンガが出資する合弁会社として、日本市場にソーシャルゲームを開発・展開していく予定です。ソーシャルゲーム業界および日本の先進的なモバイル・テクノロジー業界におけるリーダーを目指します。

ジンガについて

ジンガは、FacebookやMySpace、iPhone向けに、FarmVille、Treasure Isle、Zynga Poker、Mafia Wars、YoVille、Café World、FishVille、PetVille、FrontierVilleなどのゲームを提供しています。月間のアクティブユニークユーザー数は2億3000万人にのぼる世界最大級のソーシャルゲームカンパニーです。また、ジンガは社会貢献活動にも力を入れており、これまでに計300万米ドル以上を世界各国のNPO団体へ寄付しています。ジンガの本社は、サンフランシスコのポトレロヒルに位置しています。

ジンガについての詳細は以下のウェブサイトでご確認いただけます。

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。