プレスリリース 2011年

当社子会社優先出資証券の発行による資金調達について

2011年8月29日
ソフトバンク株式会社

当社は、2011年8月29日、当社100%出資の子会社SFJ Capital Limited(英国領ケイマン諸島法人、「SFJ」)の議決権制限優先出資証券(「本優先出資証券」)の発行により2,000億円を調達することを決定しましたのでお知らせいたします。
本優先出資証券は、当社の連結貸借対照表上、少数株主持分として計上されます。

1. 資金調達の背景

当社は、2010年12月に、Vodafone International Holdings B.V.からBBモバイル(株)の第一種優先株式および新株予約権の買取、ならびにVodafone Overseas Finance Limitedからソフトバンクモバイル(株)宛劣後債権の買取を行いました。これらの買取代金総額4,125億円のうち未払い分2,000億円の支払期日が2012年4月に到来します*

2. 調達資金の使途

当社は、SFJが本優先出資証券の発行により調達した2,000億円を、当社連結子会社であるガリレイ・ジャパン(株)(「ガリレイ・ジャパン」)を通じて借り入れ、そのうち1,835億円を上記1記載の支払いに充当し、残り165億円を2012年7月末までに償還する当社社債の償還資金に充当する予定です。(調達のスキームについては別紙をご参照ください。)

3. 当社の連結財務諸表に与える影響

当社の2012年3月期の連結損益計算書に与える影響は軽微です。
当社の連結貸借対照表において、本優先出資証券は少数株主持分として計上されます。これにより、当社グループの財務基盤の安定性が増すことになります。

4. その他

当社としては、現時点では、本優先出資証券の早期償還が可能となる2015年5月に本優先出資証券の償還を行うことを予定しています。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。