プレスリリース 2012年

東日本大震災で被災した高校生最大300名を対象にした
「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」について~カリフォルニア大学バークレー校で、リーダーシップと地域貢献について学ぶ3週間のプログラム~

2012年2月3日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、米国大使館と米国の非営利公益法人 米日カウンシルが主導する日米交流事業「TOMODACHI」の趣旨に賛同し、東日本大震災で被災した高校生最大300名を対象に、カリフォルニア大学バークレー校のキャンパスで3週間学ぶ「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」を通じた支援を行いますので、お知らせします。

TOMODACHIは、自衛隊と米軍が共同で実施した被災地救援活動「トモダチ作戦」で再認識された日米の絆を次世代につなげることを目的に、米国大使館と米日カウンシルが設立したものです。夢を持つ日米の若者を支援し、世界で通用する能力と国際的視点を備え、かつ両国の将来に深く関わるTOMODACHI世代を育成することを目指しています。

実施にあたっては、賛同する企業・団体・個人が資金を提供し、日本の将来を担う若者に、米国での異文化体験、英語研修、交流活動などのプログラムを提供します。

ソフトバンクは本趣旨に賛同し、プロジェクトの一つとなる、被災地の高校生を対象にした「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」の運営資金を提供します。参加者は、カリフォルニア大学バークレー校の協力のもと、2012年7月から約3週間大学寮に滞在し、同校のカリキュラムに沿って、リーダーシップと地域貢献について学びます。滞在を通じて、グローバルな視点で自らの人生を切り開く力を習得し、帰国後、地域の復興に貢献していくための知識や経験を養います。また、週末に行うホームステイや現地学生との交流、観光、ボランティア活動などを通じて、米国文化への理解を深めることができます。

運営は、世界70カ国以上の高校生に異文化交流プログラムを提供する米国の非営利教育法人アユサインターナショナルが行い、渡米前の準備から帰国までサポートします。

応募受付は、本日から2012年4月16日(月)まで行い、エッセイなどをもとに選定を行った上で、5月11日(金)までに参加者を決定します。詳細は、以下のサイトをご参照ください。


ソフトバンクは、引き続きさまざまな活動を通じて、被災地の復興を支援してまいります。


  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。