プレスリリース 2012年

福岡Yahoo! JAPANドームの取得について

2012年3月24日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンクグループはこのたび、グループのプロ野球球団・福岡ソフトバンクホークスのホーム球場であり、現在シンガポール政府投資公社(GIC)傘下の特定目的会社から賃借している福岡Yahoo! JAPANドーム(以下「ヤフードーム」、所在地:福岡市中央区)を870億円で取得することについて、GICグループと合意いたしました
ヤフードームを取得することで、従来よりも機動的に球場の運営や改修等を行えるようになるほか、費用負担が軽減します。今後はさらに多くの方々に繰り返し足を運んでいただける、より魅力的な球場づくりと野球事業のさらなる強化に取り組んでまいります。

ヤフードームは1993年に開業した多目的施設です。ドーム球場としては日本一の広さを誇り、日本で唯一開閉式の屋根を有しています。収容人数は約3万8千人で、野球だけでなく、コンサート、展示会などさまざまなイベントに利用されています。
ヤフードームにおける2011年の福岡ソフトバンクホークス主催公式戦の観客動員数は約223万人で、稼働率は平均86%とプロ野球12球団No.1の実績となっています。
また世界最大の屋内映像システム「ホークスビジョン」や、国民的英雄である王 貞治氏の足跡を残した「王貞治ベースボールミュージアム」も設置されるなど、付随設備も充実しています。

ソフトバンクグループは2005年に福岡ソフトバンクホークスを保有して以来、知名度と好感度が飛躍的に高まりました。グループ企業においても球団とさまざまなサービス連携を行うなど、球団はソフトバンクグループにおいて欠かすことの出来ない存在となっています。また球団自身においてもさまざまなファンサービス、徹底した選手育成・補強等を行い、ファンの方々により一層楽しんでいただける環境を整えてまいりました。そしてファンの方々の応援に支えられ、2005年以降チームは3度のセ・パ交流戦優勝、2度のパ・リーグ優勝、昨年は日本シリーズを制し日本一に輝くなど、大きな成果を挙げています。

今後もさらに充実したファンサービス、球団強化を図るため、ヤフードームについてもグループで保有することで、より福岡に密着しながら、全国のファンの皆さまに愛される球団運営をサポートし、グループ内のシナジー効果を追求してまいります。

福岡Yahoo! JAPANドームの概要

所在地 福岡市中央区地行浜2丁目2番2号
開業 1993年4月2日
敷地面積 170,000平方メートル
延床面積 176,000平方メートル
収容人数 38,561人
[注]
  • 2012年3月27日に当社連結グループ外の特別目的会社(以下「SPC」)がヤフードームにかかる信託受益権をGIC傘下の特定目的会社から取得し、2015年7月1日に福岡ソフトバンクホークスマーケティング(株)(以下「FSHM」)が当該信託受益権をSPCから当社100%子会社を通じて取得する予定です。なお、FSHMは、2012年3月27日以降も引き続きヤフードームを賃借します。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。