プレスリリース 2012年

被災地の高校生を、米国カリフォルニア大学バークレー校の短期留学に招待する
「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」の留学生300名が決定~生徒に新しいiPadを300台提供~

2012年5月11日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、東日本大震災で被災した高校生を、米国カリフォルニア大学バークレー校の短期留学に無料で招待する「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」を2012年夏に実施しますが、このたび応募者1,971名の中から、300名の留学生が決定しましたので、お知らせします。また、生徒に新しいiPadを300台提供し、出発までの英語学習や現地での学習、参加生徒同士のコミュニケーションに役立てていただきます。

被災3県の生徒を対象に行った募集には、応募枠の6倍を超える1,971名の応募がありました。エッセイなどをもとにした審査の結果、このたび300名の留学生が決定しました。

「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」は、被災した東北の高校生に、異文化での体験を通じて幅広い視野を養い、それぞれの夢や目標を描くことで、この困難な状況に打ち勝ってほしいとの思いで実施されるものです。参加生徒は、2012年7月23日から8月12日(予定)までカリフォルニア大学バークレー校の寮に滞在し、キャンパスでリーダーシップと地域貢献について学びます。現地の起業家による講義やディスカッション、プレゼンテーションなどを通じてリーダーシップを学ぶほか、ボランティア活動やホームステイなどを通じて現地の人々と交流しながら、地域貢献についても学びます。参加生徒には、滞在を通じて、さまざまな知識や経験、グローバルな視点を身につけ、帰国後、被災地の復興に貢献する人材に成長してくれることを期待しています。

ソフトバンクは今後も引き続き、継続的に被災地への支援を行ってまいります。

  • Apple、Appleのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • iPadはApple Inc.の商標です。
  • SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。