プレスリリース 2013年

スプリント買収(子会社化)の完了に関するお知らせ

2013年7月11日
ソフトバンク株式会社

当社は、本日(2013年7月11日(日本時間)/2013年7月10日(米国東部時間))、米国のスプリント・ネクステル・コーポレーション(以下「スプリント」)の事業への約216億米ドル(約1.8兆円)の投資(以下「本取引」)を完了しましたので、お知らせいたします。

本取引では、スプリント株式の約72%は1株当たり7.65米ドルの現金と交換され、残りの株式はスプリントを承継してニューヨーク証券取引所の上場会社となったスプリント・コーポレーション(Starburst II, Inc.から社名変更、以下「新スプリント」)の株式に1対1の割合で転換されました。本取引の結果、当社は米国持株会社を通じてスプリントの完全親会社である新スプリントの株式の約78%(完全希薄化ベース(ただし、ストックオプションのうち行使価格が合併対価である1株7.65米ドルを上回るものについては行使されないことを前提とする。以下同じ))を保有することになり、スプリントを子会社化しました。なお、スプリントはスプリント・コミュニケーションズ・インクに社名を変更しています。本取引の詳細は、2012年10月15日付「当社によるスプリントの戦略的買収(子会社化)について」(2013年6月11日に開示事項の一部変更について発表しています。)をご覧ください。

なお、本取引の完了に先立つ2013年7月9日(米国東部時間)、スプリントは米国の高速無線通信会社であるクリアワイヤ・コーポレーション(以下「クリアワイヤ」)を完全子会社化しています。

[注]
  • 総額のうち約201億米ドルは為替予約済みの1米ドル=82.2円、15億米ドルは1米ドル=101円で換算

1. 本取引完了後のストラクチャー図

本取引完了後のストラクチャー図

2. 新スプリント、スプリント、クリアワイヤの概要

(1)新スプリント

名称 Sprint Corporation
住所 6200 Sprint Parkway, Overland Park, Kansas 66251
代表者 Chief Executive Officer and Director
Dan Hesse
事業内容 持株会社。事業子会社を通じて通信サービスを提供
備考 当社代表取締役社長の孫 正義が取締役会長(Chairman of the Board)を、当社取締役のロナルド・フィッシャーが取締役副会長(Vice Chairman of the Board)を務めます。また、米軍統合参謀本部の前議長であるマイク・マレン氏が安全保障を担当する取締役に任命されています。

(2)スプリント

名称 Sprint Communications, Inc.
住所 6200 Sprint Parkway, Overland Park, Kansas 66251
代表者 President
Dan Hesse
事業内容 持株会社。事業子会社を通じて通信サービスを提供

(3)クリアワイヤ

名称 Clearwire Corporation
住所 6200 Sprint Parkway, Overland Park, Kansas 66251
代表者 President
Steve Elfman
事業内容 持株会社。事業子会社を通じて高速無線通信サービスを提供

3. ブリッジローンの借入実行

2012年12月17日付「スプリント買収(子会社化)にかかるブリッジローンについて」(2013年3月12日に総借入限度額の減額について発表しています。)にてお知らせしましたとおり、当社は、2013年7月10日、本取引に必要な資金を調達するため、借入(ブリッジローン)契約(以下「本借入契約」)に基づいて1兆349億円の借入を実行しました。2012年12月21日に本借入契約に基づき2,500億円の借入を実行しており、総借入額は1兆2,849億円になります。本資金については、中長期の資金への借り換えを実施する予定です。

なお、2013年6月24日付で本借入に係る担保権の解除及び保証会社の一部変更を行っています。

ブリッジローンの概要

借入人 当社
マンデーテッド・リード・アレンジャー(MLA)
  • 株式会社みずほコーポレート銀行(現 株式会社みずほ銀行)
  • 株式会社三井住友銀行
  • 株式会社三菱東京UFJ銀行
  • ドイツ銀行 東京支店
契約締結日 2012年12月18日
総借入額 1兆2,849億円
内訳 ファシリティーA 2,500億円
ファシリティーB 1兆349億円
借入実行日 ファシリティーA 2012年12月21日
ファシリティーB 2013年7月10日
資金使途 ファシリティーA スプリント転換社債の購入資金
(2012年10月のスプリント転換社債購入により減少した当社手元資金の補填に充当)
ファシリティーB スプリント買収資金及び出資資金
最終返済日 2013年12月17日
担保 なし
保証会社 ソフトバンクモバイル株式会社及びソフトバンクテレコム株式会社

4. 今後の見通し

スプリントの業績は、2013年7月11日から当社の連結財務諸表に取り込まれます。本取引の影響額は分かり次第お知らせいたします。

(参考)2014年3月期業績予想及び2013年3月期実績

(百万円)
売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2014年3月期
業績予想
2013年3月期
実績
3,378,365 745,000 653,214 289,403

当社は、2014年3月期から、従来の日本基準に替えて国際会計基準(IFRS)を適用しています(移行日:2012年4月1日)。当社では、IFRSに基づく2014年3月期の国内事業の連結営業利益が1兆円以上になると予想しています。これには、持分法適用関連会社であったガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社が2013年4月1日付で連結子会社になったことに伴い、既存の投資持分について公正価値による再測定が行われた結果、計上される約1,500億円の利益が含まれています。

以上

  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。