プレスリリース 2015年

スーパーセル株式の追加取得について

2015年6月1日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「当社」)は、フィンランドを拠点とする当社子会社のSupercell Oy(以下「スーパーセル」)の株式を追加取得することについて、同社の既存株主と合意しました。本取引により、当社はスーパーセルの株式22.7%を同社の既存株主より取得し、当社の同社株式持分は73.2%(希薄化後)となります。スーパーセルは、今までと同様独立性を保つとともに、現CEOであるイルッカ・パーナネンが引き続きCEOを務めます。

スーパーセルは、フィンランドを拠点にモバイル端末向けのゲーム事業を展開しています。ゲームアプリ「Clash of Clans」、「Hay Day」、「Boom Beach」が世界的にヒットしており、今後もモバイル端末向けのゲーム業界におけるリーダーであり続けることが期待されています。当社は、スーパーセルとのパートナーシップをモバイルコンテンツ戦略の柱の一つと位置付けており、同社とより強固な関係を築くことが、当社グループの将来的な成長につながると考え、本取引に至りました。

[注]
  • App Annie「Highest Grossing Game Ranking for iPad」(2015年6月1日時点)において、「Clash of Clans」が149カ国で、「Hay Day」が128カ国で、「Boom Beach」が112カ国で1位を獲得。

1. 本取引前後の株式持分の状況

(1)本取引前の株式持分 50.5%(希薄化後)
(2)本取引後の株式持分 73.2%(希薄化後)
スーパーセルの経営陣と従業員が継続して残りの同社株式を保有します。

2. 本取引の日程

本取引は、2015年5月29日に完了しました。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。