プレスリリース 2016年

小中学校でのプログラミング教育などを目的に
Pepperを貸し出す「Pepper 社会貢献プログラム」について~ソフトバンクグループが有する最先端のテクノロジーを活用した
社会貢献を目指して~

2016年11月8日
ソフトバンクグループ株式会社

ソフトバンクグループ株式会社(以下「SBG」)は、プログラミング教育や社会貢献に活用してもらうことを目的に、人型ロボット「Pepper」を3年間自治体および非営利団体に貸し出す「Pepper 社会貢献プログラム」を2017年3月に開始します。また、2016年11月8日から21日まで本プログラムへの応募を受け付けます。このプログラムは、「情報革命で人々を幸せに」を経営理念に掲げ、最先端のテクノロジーにより人々のライフスタイルを革新するソフトバンクグループの事業を生かして、SBGが社会貢献活動として取り組むものです。

「Pepper 社会貢献プログラム」は、貸し出しを希望する自治体が管轄する公立小中学校において3年間Pepperを活用したプログラミング授業を実施してもらう「スクールチャレンジ」と、Pepperを活用した社会貢献につながる取り組みを提案した非営利団体に、3年間その取り組みを実行してもらう「ソーシャルチャレンジ」の2つからなります。「スクールチャレンジ」では、各校のプログラミング授業内で児童・生徒が制作したPepperのアプリケーションや関連する取り組みについての発表コンテストを自治体が3年間毎年実施することなどが応募条件となっています。また、SBGは各自治体が選出したチームの中から最優秀チームを決める大会を毎年開催します。

「Pepper 社会貢献プログラム」の概要

1. 募集期間

2016年11月8日 午前10時~21日 午後6時

2. 貸出内容

Pepper(一般販売モデル)など

応募状況に応じて、最大100校程度の学校および15程度の非営利団体に貸し出す予定です。

3. 貸出期間

2017年3月~2020年3月

4. 選考結果

2016年11月30日(予定)に応募自治体・非営利団体にメールにてお知らせします。

5. 応募方法・詳細

こちらをご覧ください。

[注]
  • 各自治体が管轄する全公立小中学校のうち、35パーセント以上の学校(最低5校、1校以上の小学校を含む)での実施が必要です。小学校では4~6年生、中学校では全学年が対象です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくもので、予告なしに変更されることがあります。また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。