プロジェクトPickUp 2012年

放射線測定機能付きスマートフォン
「PANTONE® 5 SoftBank 107SH」

ソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」)は、2012年7月14日、世界で初めて※1放射線測定機能を搭載したスマートフォン「PANTONE® 5 SoftBank 107SH」(シャープ製、以下「PANTONE® 5 107SH」)を発売しました。鮮やかな8色展開で目を引く「PANTONE® 5 107SH」は、コンパクトなデザインで手になじむフォルム。性能面では、“サクサク”動かせる操作感や高い反応速度を実現したほか、ワンセグやおサイフケータイ®など日本仕様の便利な機能が満載です。今回は、「PANTONE® 5 107SH」を開発したソフトバンクモバイルの担当者に、機種の特長や開発秘話などについてインタビューしました。

見てかわいい、持って心地よいスマートフォン

「PANTONE® 5 107SH」の特長を教えてください。

渡邊:コンパクトなデザインと8色のカラー展開、そして放射線測定機能が大きな特長です。その他の機能では、ワンセグ、おサイフケータイ®、赤外線、デコレメールなど、従来の日本の携帯電話に慣れ親しんでいるお客さまが求める機能を全て搭載し、さらに防水・防塵にも対応しています。

一般的なスマートフォンと比べると、小さめのサイズですね。実際に持ってみると、手にとてもなじみます。

鎌田:女性が持ちやすく、見た目にも美しい形にこだわって開発しました。放射線測定用の半導体を入れることで、端末内部の構造が窮屈になってしまうため丸みを作るのは困難でしたが、シャープ株式会社(以下「シャープ」)の方々に多大なるご尽力をいただき、最終的にコンパクトでありながら、縦方向にも横方向にも丸みを帯びた背面を作り上げることができました。

“PANTONE®らしさ”は、外観でどう表現されていますか?

鎌田:全体的にシンプルなデザインにすることで、PANTONE®の個性を出しています。その中でも、放射線測定用ボタンのデザインは工夫し※2、丸いボタンに本体と同じカラーをつけてかわいらしい印象を出しました。本体カラーは、PANTONE®らしい鮮やかな8色。ローマが舞台のテレビCMと連動し、色の名称を「ローマンピンク」「ローマンブルー」というように名付け、特徴を出しています。またパッケージもカラーごとに専用のものを用意しています。

スマートフォンの使い勝手を改善

外観だけではなく、内蔵のオリジナルコンテンツも充実していますね。

渡邊:オリジナルコンテンツにもテレビCMで舞台となったローマの世界観を取り入れ、白戸家をモチーフとしたライブ壁紙やウィジェットをプリインストールするとともに、楽しい仕掛けを組み込んでいます。例えば、白戸家のお父さんが画面上を動き回るライブ壁紙では、「真実の口」に「ジェラート」を“食べさせる”と、「真実の口」がどんどん大きくなっていきます。このように、画面に出てくるローマのモチーフを動かすと、さまざまなリアクションがあります。また時計のウィジェットでは、ジェラートが秒針として動くほか、1分ごとにカラーバリエーションの色に変わっていきます。

使い勝手の面では、どのような工夫が?

柴垣:これまでのAndroid™ 搭載スマートフォンでは、「ホーム画面」と、アプリケーションをアイコンで一覧表示する「ランチャー画面」の2つがあるために、一部のお客さまからは「使いづらい」という声がありました。そこで構成を変更し、アプリケーションはアプリケーション用のシートに、ウィジェットはウィジェット用のシートに一覧表示する単純な構成にしました。操作性についても、反応が速く、“サクサク”動かせるものを目指し、シャープと一緒に妥協なく開発に取り組みました。

誰でもどこでも、放射線量を簡単測定

放射線測定機能付きスマートフォンが誕生した経緯を教えてください。

渡邊:昨年の東日本大震災発生以降、多くのお客さまから「放射線測定機能付きの携帯電話を開発してほしい」というご要望をいただいていました。そんな折、シャープから放射線測定機能付きスマートフォンのご提案をいただいたのです。これがきっかけとなり、企画、開発が始まりました。放射線測定モジュールの大きさは、全長約3cm程度です。開発段階でこれほどまで小型化できたことで、今回スマートフォンに搭載することが実現しました。シャープの努力のたまものだと思います。

放射線量はどのように測定するのでしょうか?

渡邊:本体表面の丸いボタンを長押しすると、測定が始まります。しばらくそのままの状態を維持し、測定の完了を待ってください。測定時間はその場所の放射線量によって異なります。この方法以外に、本体内蔵の放射線測定用アプリケーションを起動して測定することも可能です。また自動的に放射線量を測定して、測定結果をロック画面上やウィジェットに常に表示し、いつでも放射線量の目安を確認することもできます。操作は簡単で、画面表示もシンプル。誰にとっても使いやすく、分かりやすいよう工夫しました。

笠松:測定する放射線は、空間中のガンマ線です。ガンマ線は物体を通過します。測定の仕組みを簡単に説明しますと、端末の中に測定用の半導体が入っており、その半導体を通過するガンマ線の数をカウントします。それを1時間あたりのマイクロシーベルトに換算し、結果として表示します。これは、シリコン半導体方式というもので、ガイガーミュラー(GM)管と呼ばれる部品を使った放射線測定器「ガイガーカウンター」ではありません。

「PANTONE® 5 107SH」に寄せる期待を聞かせてください。


(上段左)ソフトバンクモバイル プロダクト・サービス本部 商品企画統括部 クリエイティブ企画部 柴垣 知紀、(上段右)同 商品企画統括部 クリエイティブ企画部 鎌田 有二、(下段左)同 商品開発統括部 プロダクト開発部 笠松 幸祐、(下段右)同 商品企画統括部 商品企画部 渡邊 浩彰

渡邊:世の中の人々に安心や安全を提供したいという思いで、放射線測定機能を搭載しました。特に小さな子どもを持つお母さんに、子どもが遊ぶ公園や通学路で測定し、安心を得ることに役立てていただけるとうれしいです。

柴垣:「PANTONE® 5 107SH」は、放射線測定機能以外の魅力も満載です。コンパクトでかわいらしいデザインですので、「スマートフォンは男性っぽい」というイメージをお持ちの女性の方でも、気に入っていただけると思います。使い勝手も、従来型の携帯電話と遜色ありません。

笠松:「PANTONE® 5 107SH」の開発では、さまざまな挑戦をしました。こだわるところにはとことんこだわり、多くのスマートフォンユーザーが気にする「電池持ち」の部分にも、かなり力を注いでいます。実際に触っていただくと、想像以上に“サクサク”動いて楽しいです。多くのお客さまに使っていただけることを期待しています。

(掲載日:2012年8月22日)

[注]
  • ※12012年5月29日時点 ROA社調べ。
  • ※2起動するアプリケーションはメールやブラウザなど、任意のアプリケーションに変更することができます。
  • PANTONE is a trademark of Pantone LLC in the United States and/or other countries. ©Pantone LLC, 2012. All rights reserved.
  • Android は、Google Inc.の登録商標または商標です。
  • おサイフケータイは、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。