プロジェクトPickUp 2013年

おうちの屋根を日本の発電所に
「おうち発電プロジェクト」を実施中


太陽光パネル設置例

2011年3月11日に発生した東日本大震災と、それに続く原子力発電所の事故を契機に、自然エネルギーに対する人々の関心が急速に高まりました。そのような中、ソフトバンクグループでは、いち早く自然エネルギー普及に関する取り組みを始めました。そこで今回は、そのうちの一つ、皆さまの住宅の屋根をお借りして太陽光発電システムを設置し、発電した電気を電力会社に売却する「おうち発電プロジェクト」をご紹介します。インタビューでは、同事業を推進するソフトバンクモバイル株式会社(以下「ソフトバンクモバイル」) 発電スポット事業推進室 事業企画部 部長の國枝 良に話を聞きます。

自然エネルギー普及に個人でも貢献

「おうち発電プロジェクト」を始めた背景について教えてください。


國枝

國枝:東日本大震災をきっかけにした重大事故から原子力発電への不安が高まる中、代表取締役社長の孫より「自然エネルギーをソフトバンクグループでも何とかできないか」という提案がありました。その後、さまざまな活動が始まり、その一環として、現在はSBエナジー株式会社(以下「SBエナジー」)がメガソーラーの建設・運用などに取り組んでいます。ところが、どうしても法人としての取り組みになってしまい、個人で自然エネルギーに取り組む活動はなかなかありません。しかし、「個人でも協力できるというイメージを持ったものが何かできないか。一人一人が関わることで自然エネルギーに対する理解を深めたい」と考えたことが、今回のプロジェクトの発端です。そこで、お客さまの住宅の屋根をお借りして太陽光パネルを置き、そこで自然エネルギーをお客さまと一緒につくっていく。これを具現化できないかと考えました。
「おうち発電プロジェクト」は、お客さまの住宅の屋根をソフトバンクモバイルが借り受けて、「発電スポット」として太陽光発電システムを設置した後、SBエナジーがまとめて管理し、発電した電気を全て電力会社に売電することで、太陽光発電の普及・拡大を図る新しい取り組みです。

「おうち発電プロジェクト」の特徴を教えてください。

國枝:通常自宅の屋根で発電を行おうとすると、お客さまご自身で太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの設備を揃える必要があり、150万~200万円くらい掛かってしまいます。これに対しこのプロジェクトでは、ソフトバンクモバイルが無料で設置させていただくということが最大の特徴です。そして発電して売った金額の15%相当を20年間、毎月お客さまにお支払いします。屋根さえ貸していただければ、お客さまの負担は一切ありません。契約いただく20年間は、私たちが責任を持ってサポートさせていただきますので、お客さまは安心して太陽光発電が始められます。

2012年12月からスタートして約3カ月が経ちましたが、その間どのような苦労がありましたか。

國枝:私たちは移動体通信事業を行う企業ですので、畑違いの発電事業は苦労の連続でした。中でも、電力会社各社と売電契約を締結し、運用を詰めていく段階での作法が分からなかったことが一番大変でした。発電事業では素人である私たちに対し、片や相手はプロですから、交渉の際には難しさも感じました。しかし実際に契約の交渉を進める中で、「とてもいいサービスですね」とお褒めの言葉をくださった電力会社もありました。

どのようなお客さまが多いのですか。

國枝:エコ意識の高い方が多いと思います。またこのプロジェクトでは、停電時に非常用のコンセントが一つだけ使えるようになっているので、災害時や停電時のバックアップとして安心感がほしい、なおかつ収入も得られ自然エネルギーにも貢献できるなら、という方が多いようです。

自然エネルギーの普及のために

今回の「おうち発電プロジェクト」は、2013年3月31日でひとまず締め切りとなります。締め切りまでの抱負と、今後の展開への意気込みをお願いします。

國枝:屋根はテレビのアンテナを載せるくらいで、活用している方はあまりいらっしゃらないと思いますので、このプロジェクトはお得です。屋根を私たちに貸していただくだけで、年間約2万~3万円の収入が見込まれ、しかも非常時にはバックアップの電源として使うこともできます。自然エネルギーに興味がある方にはもちろんですが、ぜひ多くの方に申し込んでいただければと思います。
自然エネルギーへの貢献や省エネルギーというと、何かと苦労したりお金が掛かるというイメージがあると思います。電球をLEDに取り換えるにも費用がかさみますし、また夏期や冬期に冷暖房を我慢するというのもなかなか難しいものです。今回のように、特別な努力や我慢をしなくとも、「ただ家の屋根を貸していただくだけ」で、自然エネルギーへ貢献できるというものはないと思います。今後は私たちのこうした取り組みがいろいろな事業者に広がっていき、その結果、自然エネルギーの普及に貢献できればと思っています。そのためにも、このプロジェクトを成功させたいと思っています。

今回の「おうち発電プロジェクト」を始め、SBエナジーのメガソーラー発電所の建設や自然エネルギー協議会への参加など、ソフトバンクグループは自然エネルギーの普及促進に関する活動に、積極的に取り組んでまいります。今後のソフトバンクグループの活動に、どうぞご期待ください。


お申し込み方法
WEBサイト
店頭でのお申し込み
電話でのお申し込み
発電スポットサポートセンター
0800-888-3377(通話料無料)
[注]
  • 午前10時~午後7時 年中無休(設備メンテナンス時を除く)
  • 携帯電話・PHSからもご利用いただけます(通話料無料)
  • 海外からはご利用いただけません

(掲載日:2013年2月26日)

  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。