自動通信・同期の設定変更方法(Lenovo TAB2編)

掲載日 2015年11月27日

自動通信における発生パケットを抑制する設定方法(設定をOFFにする方法)をご案内します。

位置情報の取得をOFFにする方法

[設定

バックグラウンドデータ、自動同期をOFFにする方法

[設定]>[データ使用量]>メニュー内のバックグラウンドデータを制限するを選択して、OKを押す(初期値:OFF)

[設定]>[アカウント]>メニュー内のデータの自動同期のチェックを外す(初期値:ON)

[設定]>[バックアップとリセット]>データのバックアップをOFFにする(初期値:OFF)

  • 本設定を実施しても全てのバックグラウンドデータ通信、自動通信を抑止することはできませんのでご了承ください。

参考1:パケット通信をOFFにする方法

[設定]>[データ使用量]>[SOFTBANKのタブを選択]>モバイルデータをOFFにする(初期値:ON)

参考2:海外事業者の選択

[設定]>[その他]>[モバイルネットワーク]>[通信事業者]>通信事業者より対象事業者を選択(初期値:自動)

参考3:海外でのパケット通信をOFFにする方法

[設定]>[その他]>[モバイルネットワーク]>データローミングをOFFにし(初期値:OFF)、その上で、[設定]>[その他]>[モバイルネットワーク]>[優先ネットワークタイプ]>“3G/GSM”、“3G”、“GSM”のいずれかを選択(初期値:4G/3G)

[設定]>[データ使用量]>[SOFTBANKのタブを選択]>モバイルデータをOFFにする(初期値:ON)

以上