1. ホーム
  2. モバイル
  3. 通信・エリア
  4. 電波改善の取り組み
  5. ソフトバンクモバイルの基地局展開

ソフトバンクモバイルの基地局展開

ソフトバンクモバイルの基地局展開についてご案内いたします。

ソフトバンクモバイルの基地局展開

ソフトバンクモバイルの携帯電話基地局にはさまざまなタイプがあり、それらを効率よく配置することで通信エリアを構築しています。

ソフトバンクモバイルの基地局展開

基地局配置の最適化

山間部や郊外などではプラチナバンドを活用することで広いエリアをカバーする一方、通信が集中する都市部では小セル化を進めるなど、周波数の特性と設置場所の地形や建物の状況、お客様のご利用状況に合わせて、基地局の最適化に努めています。

  • より広くエリアを構築 より広くエリアを構築 電波が届きやすいプラチナバンドを活用し、これまでカバーしきれていなかったエリアもカバー
  • 混雑を解消してより快適に 混雑を解消してより快適に 通信が集中する都市部を中心に「小セル設計」で基地局を細かく設置し、1基地局にかかる負荷を軽減、混雑を緩和

基地局配置の最適化を図るため、不要となった基地局や中継局は撤去することがありますが、最適なタイプの基地局をより効果的に配置することで、通信品質のさらなる向上を図っています。

通信インフラ設備の増強へ

サービスエリアの拡大と、さらなる通信品質の向上を目指して、ソフトバンクモバイルは基地局の設置や伝送路の敷設など、通信インフラの設備増強に取り組んでいます。

商標についてはこちら

よく探されているページ