スバル(subaru)の中古車

スバルの全車種から探す

スバルの検索結果をみる

スバルの人気車種ベスト10

スバルの車種名(アイウエオ順)

中古車の選び方がわからない、選ぶのが面倒な方は、まずはプロに相談!

どんな車がいいか分からない 高い買い物だし失敗したくない 仕事が忙しくて、しっかり検討する時間がない
ガリバーは中古車販売No.1。中古車のプロが全メーカーからベストなクルマをご提案します!
0120-508-272(24時間無料) ※ガリバーの窓口へお問い合わせとなります。 中古車選びなんでも相談(無料)

人気メーカーランキング

スバルについて

スバルといえば、4輪駆動と、水平対向エンジンで名をはせた自動車メーカーだ。そのルーツは、第2次世界大戦が終わるまで数々の名機を世に送り出した中島飛行機である。戦後は財閥解体とともに解散となり、富士重工業が生まれた。1954年に開発されたスバル1500(P-1)は試作車にとどまったが、58年に生まれた後輪駆動の強制空冷2サイクル2気筒エンジンのスバル360は、てんとう虫の愛称で親しまれた。4人乗りで最高速度83km/hを出したてんとう虫は、1960年の軽トラック、サンバーのベース車両にもなった。
66年には縦置き水平対向エンジンを搭載し、国産初FF量産車であるスバル1000、そして69年のR-2など、大衆車を次々とヒットさせていった。72年のレオーネ・エステートバン1400 4WDの発売は、世界初の量産フルタイム4WDとなり、世界中の自動車メーカーからベンチマークとされる存在になった。この技術を活かし、その後レガシィツーリングワゴン、レガシィアウトバック、フォレスターなどのユーザー市場を開拓していった。
また、スバル1000からはじまる低振動・低重心の利点を持つ水平対向エンジンとフルタイム4WDの組み合わせは、世界唯一の技術のメーカーとして、高い評価を受けている。
最近では、衝突回避や全車速クルーズコントロールなどの予防安全機能を持つアイサイトが注目され、レガシィB4、レガシィアウトバック、レヴォーグなどに搭載され、安全性の高いブランドとして認知されている。同時に日本では、WRX STIのようなハードで男性的なイメージから、ライフスタイル重視のソフトなイメージも加わり、スバルのファン層を拡大しつつある。