5Gはいつからスタートする?サービスが開始したらすぐに利用できるの?

5Gはいつからスタートする?サービスが開始したらすぐに利用できるの?

日本での5Gの商用化は、2020年3月から開始予定とされています。
5Gのサービス概要についてさまざまなメディアで紹介されるなど、いよいよ本格サービスの開始が間近に迫った感がありますが、実際にいつから5Gサービスを利用できるのか、どのようなサービスやコンテンツが提供されるのか、把握できているでしょうか?
ここでは、5Gサービスがいつからどのような形でスタートするのか、国や企業においてサービス開始に向けてどのような準備がされているのかについて紹介します。

5Gはいつからスタート?もうすでに実用化されている?

日本国内で5Gのサービスがいつからスタートするのかについて確認していきましょう。一斉にスタートというわけではなく段階的なスタートになりますが、2020年3月にサービス開始が予定されています。

2020年3月からの商用化へ向けてインフラ整備が進んでいる

5Gは2020年3月から都市部を中心にサービスが開始されることを目標としています。2020年1月現在は、商用化を間近に控え、情報通信各社がインフラ整備を進めている状況です。

2019年にプレサービスが提供された

商用化を前に、各通信事業者がプレサービスを実施。
ソフトバンクは福岡ソフトバンクホークスと共同で新時代のスポーツ観戦に向けた挑戦を行いました。具体的には、5Gを用いて、多視点切り替え可能な3Dパノラマ映像をVR空間で観戦するというもので、2019年3月に行われたその試みは、見事に成功しました。5Gの特徴でもある「高速・大容量」という性能が最大限活用され、VR観戦用のアプリケーションで、複数人が同時に観戦しているという疑似体験が可能になりました。このように、5Gのスタートにより今までなかったコンテンツを体験できる可能性が確認されたと言えます。

5Gのスタートは都市部から段階的に展開される見通し

5Gは全国で一斉に開始というわけではなく、都市部から随時展開されていく予定になっています。そのためサービスがスタートする2020年3月の段階では都市部を中心にサービスがスタートし、その後、随時エリアが拡張されます。ソフトバンクでは2021年12月までに人口カバー率90%達成を目標としてインフラ整備を進めていく、としています。

5Gサービスを利用するためには対応端末が必要

5Gサービスを利用するためには、5Gに対応した端末が必要です。現在利用しているスマートフォンがそのまま5Gとして利用できるというわけではありません。
2020年1月時点において、日本国内ではまだ5G対応端末は発売されていませんが、ソフトバンクでは2020年3月に5Gに対応した端末が発売予定となっています。

5G導入に向けた日本国内の取り組みとは?

2020年3月の5Gサービス開始に向けて、さまざまな団体や企業が準備を進めています。ここでは、現在の日本国内の取り組みについて解説します。

総務省における5G実現環境の構築準備

5Gの環境整備はソフトバンクをはじめとした大手通信事業者が進めていますが、その大本の規格作りや調整は総務省にて行われています。具体的には5Gの環境整備に関する以下の内容となります。

  • 研究開発

    5Gの要素技術の研究や開発を推進

  • 国際連携・協力

    5Gの早期実現に向けて諸外国との連携や協力を強化

  • 周波数の割り当てや技術的な整備

    早期に通信事業者ごとに周波数の割り当てを行い、周波数ごとの技術的な条件を策定

韓国では2019年4月に5Gサービスの運用が始まりました。その韓国では2025年までに実感型コンテンツ、スマートファクトリー、自律走行、スマートシティ、デジタルヘルスケアの分野で社会実装を目指しています。また、そのために政府横断型で優先的に公共投資されることも決まっています。

このように、5Gの導入は政府が進める取り組みにも大きな影響を与えていくと言われています。日本でも、モビリティサービスの進化や橋梁・建物などのインフラ監視、救急車と現場や医療機関をつなぐ救急医療システムの分野などで5Gの技術が活用される予定となっています。

大手通信事業者の取り組み

5Gサービスを開始する大手通信会社にて、それぞれサービス構築に向けた取り組みが行われています。
ソフトバンクは、2019年7月に5Gの無線局予備免許が付与され、同年9月に無線局免許を取得しました。さらに2020年3月に向けて基地局の整備やセキュリティ対策、端末との接続試験、料金プランの設定などの準備に取り組んでいます。

モバイル通信以外の関連サービス

5Gサービスの発展には、関連する技術やサービスが重要と言われています。
よく取り上げられているロボットの遠隔操作やVRコンテンツの配信、スポーツ中継などに加えて、警備サービスやスマートシティの進化に貢献するとされています。実際、さまざまな分野でサービス実用化への取り組みが行われています。

5G開始当初はどのようなサービスが展開されるのか?

5Gサービスは、その技術仕様の標準化およびインフラやコンテンツがそろい次第徐々に拡張されていく見込みなので、2020年の段階ではまだサービスのスタート地点という位置づけです。その中で、サービス開始時期から5Gのメリットが実感できるサービスを紹介します。
2019年に先立って5Gを導入している韓国に目を向けると、B to Cのサービスが先行して実用化されているという傾向があります。

クラウドゲーミング

eスポーツをはじめとしたネットワークゲームが非常に注目を集めていますが、ネットワークゲームは5Gの「高速・大容量」「低遅延」が生かされるコンテンツのひとつです。
低遅延性により、遅延によるトラブルやストレスが解消されることに加え、大容量の高速通信を生かして動画ストリーミング配信の映像を用いるといったクラウドゲームの展開が予想されています。また、動きが滑らかで高画質な映像という点でも高速通信の技術が活用されます。

スポーツ・コンサート中継

ソフトバンクのプレサービスでも野球やバスケットボールの多視点切替映像の視聴がテストされましたが、高速で大容量のデータ処理ができる点を生かした臨場感のあるスポーツやコンサート中継の配信が可能になります。先に5Gサービスを開始した韓国でも、コンサート中継が最も人気のあるコンテンツのひとつとなっています。
映像技術としては、すでに4Kや8Kでのコンテンツ作成が実現しているので、テレビやライブビューイングなどの大画面を使用した中継コンテンツも充実していく可能性があります。

VR・ARコンテンツ

VR・AR技術の活用も5Gのスタートにより可能性が大きく高まると期待されています。
例えば、スポーツ中継の臨場感ある360度映像コンテンツの提供や、観光地の位置情報に合わせて歴史や文化を深堀りできるARコンテンツの提供などが想定されます。

2020年3月スタートの5Gサービスや社会動向に注目

5Gサービスは2020年3月の導入を間近に控えています。当初から全国でスタートするわけではなく、徐々にサービス提供エリアが拡大されていくことになります。また、現在さまざまなメディアで取り上げられている5Gサービスのメリットが最初からすべて実現されるというわけでもありません。しかし、5Gの特徴を最大限に生かしたサービスやコンテンツが増えることは確実だと考えられます。
5G商用化が間近に迫った今、サービス構築に向けて日本政府も積極的に推進しており、企業でもさまざまな取り組みが急ピッチで進められています。今後、5Gに対応したモバイル端末やIoT機器などが続々と登場してくることでしょう。
サービスのメリットを生かせるよう、今後の5G関連の情報にぜひ注目してください。