全日本空輸株式会社 様

全日本空輸株式会社 様 メールシステムのアウトソーシングを選択しコスト構造の変革と高いサービスレベルを実現。

ANA

「2009年度に『アジア№1』の航空会社になる」との目標を掲げる全日本空輸株式会社(以下、ANA)では、企業体質強化のために、IT分野でもさまざまな施策に取り組んでいます。その一環として、社内メールシステムのアウトソーシングに着手しました。同社は5年間の契約をソフトバンクテレコムとの間で締結。ソフトバンクテレコムは、ANAグループの通信インフラからメールシステムまでを、一括してサポートすることとなりました。

業種:運輸・物流

規模:5,001人以上

導入サービス:データセンター・IP-VPN

課題と効果

  1. 課題.1

    これまでのメールシステムでは、より高いレベルのサービスや機能拡張の要求に応えられませんでした。また、運用面では、少ない人材での緊急時の対応が困難でした。

  2. 効果

    WANの提供を通じて信頼感のあったソフトバンクテレコムへメールシステムをアウトソーシング。さまざまな機能拡張だけでなく、ネットワークからアプリケーションまでをワンストップで提供、運用してもらうことで障害対応なども一元化でき、負荷が大幅に軽減しました。

  1. 課題.2

    中期経営戦略の大テーマである企業体質を強化するには、リソースの配分を検討し、より有効活用する必要がありました。

  2. 効果

    航空会社独自のシステムではないメールシステムはアウトソーシングすることで、コスト構造を一新。契約期間の5年間で約2割のコスト削減を見込んでいます。これにより、コストや人材の戦略的な活用を目指しています。

資料イメージ

導入のポイント、お客さまの声など、続きはこちらからご覧いただけます

ボタンをクリックすると資料ダウンロードフォームへ移動します。

資料ダウンロード

導入企業情報

全日本空輸株式会社

会社名:全日本空輸株式会社
本社:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
設立:1952年12月27日
資本金:160,001,284,228 円
従業員数:12,523人
事業概要:定期航空運送事業と不定期航空運送事業、航空機使用事業、その他附帯事業。 2005年の旅客輸送実績は5 千万人近くに達し、世界の航空会社中11位にランクされる。 米国エア・トランスポート・ワールド誌が選出する「エアライン・オブ・ザ・イヤー 2007」を受賞。
URL:http://www.ana.co.jp/

  • 記載内容は、2007年3月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例

    事例 全日本空輸株式会社様 IP-VPN

    全日本空輸株式会社様では、社内メールシステムのアウトソーシングに着手、同社は5年間の契約をソフトバンクと締結しANAグループの通信インフラからメールシステムまでを、一括してサポートすることとなりました。