導入事例

ANAエアポートサービス株式会社 様

羽田空港の搭乗案内に「ビジュアモールクイックサイネージ」を活用し、視認性高く効果的な案内を実現、カウンタースタッフへの業務軽減に成功
課題 働き方改革(業務効率化、生産性向上、営業力向上)
業種 運輸・物流
規模 1,001人~5,000人
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    チェックカウンターへの案内をポスターで行っていたが、目立ちづらく、内容変更の柔軟な対応が難しかった。

    効果

    クイックサイネージにすることで目立ちやすく、さらにコンテンツの変更も柔軟に対応できるようになった。

  • 課題

    自動チェックイン機の利用を促す案内がなかったため、利用率があがらなかった。

    効果

    サイネージで利用を促すことにより、利用者が一ヶ月1,800人増えた。

ANA グループの経営基盤である羽田空港で旅客サービス・運行支援などの空港オペレーティングを行う ANA エアポートサービス株式会社(以下、ANA エアポートサービス)では、羽田空港の国際線出発ロビーに「ビジュアモールクイックサイネージ」(以下、クイックサイネージ)を導入し、チェックインカウンターの案内や、自動チェックイン機の利用促進を行っています。「クイックサイネージ」の活用で、視認性および自動チェックイン機の利用率向上を実現させ、カウンターのグランドスタッフへの問い合わせ減少により業務軽減を達成しています。

導入企業情報

ANAエアポートサービス株式会社 様
ANAエアポートサービス株式会社
本社 東京都大田区羽田空港 3-4-2
設立 2011年10月1日
URL http://www.ana.co.jp/
http://www.anaas.ana-g.com/
従業員数 約2,970名(2016年8月時点)
導入サービス

※記載内容は2016年8月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ