株式会社ベスタス 様

株式会社ベスタス様

業種:不動産・住宅

規模:100人以下

導入サービス:モバイル・おとくライン

お問い合わせ

株式会社ベスタスラボ 機動部係長 大島淳さまと、株式会社ベスタス管理センタースタッフの塩野亮さまに、ソフトバンクモバイル(以下 ソフトバンク)の携帯電話を選んだ理由などを詳しくお聞きしました。

「おとくライン」とあわせて加入し72台の携帯電話を活用

これまでの携帯電話の利用状況をお教えください。

2004年までモバイル端末は何も使っていませんでしたが、2005年から約80台のPHSを使っていました。2009年8月より、PHSからソフトバンクの携帯電話に切り替え使用しています。

具体的には「ホワイトプラン」と、ソフトバンクテレコムの固定電話「おとくライン」と通話無料になる「ホワイトライン24」にも加入し、72台の携帯電話を使っています。そのうち10数台は「パケットし放題」にも加入しています。

なぜ携帯電話に切り替えたのですか?

一番大きかったのは、故障が多かったことです。なぜかマイクがずれノイズが増える故障が頻発し、毎月のように交換をお願いしていました。弊社は6つの店舗があるため、回収も含めその手間ひまは馬鹿になりません。また、やはり電波が微弱なせいか、客先の物件の環境によっては、使えないこともよくありました。

切り替えてから故障は皆無、費用も3割以上削減

ソフトバンクに決められたのは、どういう経緯からですか?

切り替えの経緯などを話してくださったベスタスラボの大島淳さま

ちょうど替えたいと思っていた頃に、携帯電話の代理店さんから何社もアプローチがありました。実は、当初は他社で決まりかけていたのですが、社内稟議で相見積もりが必要となりお願いするなかで、対応がよかったのがソフトバンクさんでした。

他社は毎日のようにひっきりなしに電話がありしつこかったのに対し、ソフトバンクさんは、社内の稟議や進行に応じて、いいタイミングでいつも連絡・調整してくださいました。

費用面も含め、変な駆け引きがなく信頼できたことも大きいと思います。提案や説明もわかりやすかったですね。「おとくライン」とのトータルバランスもよく、最終的に確実に費用対効果が高いと判断できました。

実際に切り替えてからは、いかがでしたか?

まず、端末の故障がなくなりました。これまでに、ただの1台もありません。また、以前は端末を全社員に配布し、さらに部署毎の社内通話用も用意していたため台数が多かったのですが、「おとくライン」を入れてからは、社内では固定電話を使うようになり、台数を減らすことができました。

費用も、以前より3割くらい減りました。最近は「外からかけるときは固定電話へ、外へかけるときは固定電話から」という使い方を徹底させているので、半減とまではいかなくても、もっと減っているかもしれません。

「小型電波中継機(リピータ)」の無償設置で不安はなく
本社内でも快適に利用

つながりにくさの点で、問題を感じたことはありますか?

当社の本社ビルは傾斜地にあり、奥が壁で詰まったつくりになっているので、PHSのときは室内に基地局をつけていました。ソフトバンクに変わってからは、着信できないことや、着信があっても通話ができないこともありました。これは環境上の問題なので、どの会社の携帯電話にしても大差ない気がします。

実際には、「ホワイトプラン」だけでなく固定電話の「おとくライン」にもあわせて入り、本社内の発着信は固定電話に統一しました。そのため、当面大きな問題はなく、室内でつながりにくければリピータは付けてもらえるとのお話もありましたので、ソフトバンクに決めることに不安はありませんでした。

その後、リピータは付けられたのですか?

はい。こちらの都合でお願いするのが遅くなりましたが、本社内3箇所にリピータを付けていただきました。ちょうどその頃、法人窓口(ビジネスコールセンター)ができ、その指示に従いお願いしたところ、スムーズに対応してもらえました。

設置費用は一切かからず、リピータの維持費として電気代を負担するだけでいいとのことでした。おかげで、その後は、本社にいるとき携帯電話あてに電話が来てもすぐに通話ができるなど、快適に利用しています。

修繕要望箇所を携帯で撮影しすぐに業者に写真送付

他にソフトバンクにして変わったことはありますか?

「今現在不満は何もありません」と語るベスタス管理センターの塩野亮さま

インターネット接続は、当初3カ月無料のサービスがついていましたが、その後不要と思い解約したら、社員から問い合わせが多数来ました。物件管理の外回り担当者は、修繕要望箇所などの写真を撮って、直接業者に送ったりしていたのです。そこで、外回り担当者の携帯電話10数回線分だけは、「パケットし放題」にも加入しているという訳です。

また、CD-ROMで提供されている「ソフトバンクユーティリティ」を使って電話帳がパソコン管理できるので重宝しています。これは、実はPHSのときにも同様なソフトはあったのですが、操作が複雑で使い勝手が悪かったので、結局使わずじまいになってしまいました。

他では、SMSも便利ですね。SMSでは、誰それから電話がありましたとか、手の空いたときに電話をくださいといった簡単なメッセージのやり取りに活用しています。電話だと受ける方もあせったりしますが、メールなら余裕をもって対応できます。

そんな訳で、前よりかなりよくなったので、今現在は不満なことは何もありません。何かあっても法人窓口に電話すればすぐ対応してくれるので、とくに心配なこともありません。

iPhone やiPad は安易に導入しないがゆくゆくは必要に

今後について、計画やお考えはありますか?

最近は、iPhone やiPad を使っている人が増えてきました。たぶん、私たちも、ゆくゆくは必要になって使うことになると思います。ただ、使い方を考えないで安易に導入してしまうと、機器に頼ってしまい、個人の能力開発や成長を妨げる危険性もあると思うのです。だから、当社は車にもナビは付けていません。付けるとついつい頼ってしまいますからね。でも、iPhone やiPad は、将来的には、きっと持っているのが当たり前になって来ると思います。その日は意外と近いのかもしれませんね。

導入企業情報

株式会社ベスタス

会社名:株式会社ベスタス
本社:神奈川県横浜市
URL:http://bestus.co.jp/
社員数:64名
概要:神奈川・横浜エリアで、賃貸マンション・賃貸アパートの入居者募集・管理を専門としている企業グループ。管理業務を担当する株式会社ベスタス、募集業務を担当する株式会社ベスタスコミュニティ、リフォーム・工事を担当する株式会社ベスタスビルド、グループの総務・経理を担当する株式会社ベスタスラボの4社からなる。

  • 記載内容は2011年1月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

0800-222-3088
平日 9:00 - 18:00(年末年始を除く)

関連導入事例

    事例 株式会社ベスタス様 モバイル ソフトバンク

    株式会社ベスタス様では、ソフトバンクのスマートフォン導入でワークスタイルを変革、業務効率化とコスト削減を実現しました。