導入事例

チェッカーキャブ無線協同組合 様

IP無線機「SoftBank 201SJ」を導入し通信のレスポンスが向上。タクシーの配車回数が約20%上昇。
課題 働き方改革(業務効率化、生産性向上、営業力向上)
業種 運輸・物流
規模 5,001人以上
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    都内の高層ビル間の道路や地下道などでは無線の電波が届かず、ドライバーへの通信が途絶えるケースがありました。

    効果

    ソフトバンクの携帯電話網を利用したIP無線機に切り替えたことで通信エリアが広がり、高層ビル間や地下道でも通信が可能となりました。

  • 課題

    従来のIP無線機ではレスポンスが遅くなることがあり、30秒で完了するはずの配車オペレーションが倍以上の時間がかかることもありました。

    効果

    ソフトバンクのIP無線機を導入したことでレスポンスが向上し、データ通信の遅延や寸断は解消されました。

  • 課題

    MCA無線ではタクシーが迎車中なのか空車なのか分からなかったため、オペレータが迎車車両の確認に時間がかかってしまうことがありました。

    効果

    IP無線機ではMCA無線と比較し通信できるデータが非常に多いため、事前にタクシーが迎車中か空車なのか分かる仕組みを導入できました。

創業51年のチェッカーキャブ無線協同組合は、現在54社のタクシー会社が加盟し、約4,400台のタクシーを有する都内最大級のタクシー組合です。従来はMCA無線と一部IP無線を利用していましたが、MCA無線は経年劣化による更新時期を迎えたため、通信が遅延・寸断しにくいソフトバンクのIP無線機「SoftBank 201SJ」の導入を進めることになりました。現在までに約1,600台のタクシーにソフトバンクのIP無線機が設置され、これまでと比較して電波が届かない不感地帯の解消、通信のレスポンス向上という効果があがっています。

導入企業情報

チェッカーキャブ無線協同組合 様
チェッカーキャブ無線協同組合
本部 東京都中央区銀座8-11-1 GINZA GS BLD2 8階
設立 1964年6月
URL http://www.checker-cab.co.jp/
事業者数 54社(乗務員数 約9,000名)
導入サービス

※記載内容は2015年5月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ