1. ホーム
  2. 法人のお客さま
  3. 導入事例
  4. 遠州鉄道株式会社 様

導入事例

遠州鉄道株式会社 様

グループ各社で「SynchRoid」を活用し業務を自動化。月約570時間の業務時間削減を達成。
課題 AI(人工知能)、RPA活用
業種 運輸・物流
規模 1,001人~5,000人
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    「新たなIT技術による仕組みの構築」に向け、業務効率を改善する新たなソリューションの導入が求められていました。

    効果

    定例業務の自動化を実現するRPAソリューション「SynchRoid」を導入し、月約570時間の業務時間削減に成功しました。

  • 課題

    グループ会社全体でRPAを活用するために、エンジニア以外でもソフトウェアロボットを開発できるRPAソリューションを検討していました。

    効果

    未経験者でも開発可能な「SynchRoid」を採用し、習得した開発スキルは社内で横展開し人材育成を行っています。

静岡県浜松市を中心に、運輸・不動産・保険・介護といった多岐にわたる事業展開をする遠鉄グループ。その中核にあたる遠州鉄道株式会社(以下、遠州鉄道)は、中期経営計画の重点政策に「新たなIT技術による仕組みの構築」を策定、IT技術の導入で社員の労働時間を年間50,000時間の削減することを目標に掲げています。その実現に向け、定例業務をソフトウェアロボットで自動化するRPAソリューション「SynchRoid」を新たに導入しました。貸切バスの移動距離・所要時間の検索作業や不動産賃貸物件の情報の検索、ダイヤ改正のための乗降情報収集作業などを自動化し、遠鉄グループ全体で活用を進め、すでに106個のソフトウェアロボットを開発し、月約570時間の業務時間削減に成功しました。

導入企業情報

遠州鉄道株式会社 様
遠州鉄道株式会社
本社 静岡県浜松市中区旭町 12-1
設立 1943年11月1日
URL http://www.entetsu.co.jp/
従業員数 1,624名
導入サービス

※記載内容は2018年7月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ