遠州鉄道株式会社 様

遠州鉄道株式会社 様

業種:運輸・物流

規模:1,001人~5,000人

導入サービス:RPA(SynchRoid)

静岡県浜松市を中心に、運輸・不動産・保険・介護といった多岐にわたる事業展開をする遠鉄グループ。その中核にあたる遠州鉄道株式会社(以下、遠州鉄道)は、中期経営計画の重点政策に「新たなIT技術による仕組みの構築」を策定、IT技術の導入で社員の労働時間を年間50,000時間の削減することを目標に掲げています。その実現に向け、定例業務をソフトウェアロボットで自動化するRPAソリューション「SynchRoid」を新たに導入しました。貸切バスの移動距離・所要時間の検索作業や不動産賃貸物件の情報の検索、ダイヤ改正のための乗降情報収集作業などを自動化し、遠鉄グループ全体で活用を進め、すでに106個のソフトウェアロボットを開発し、月約570時間の業務時間削減に成功しました。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    「新たなIT技術による仕組みの構築」に向け、業務効率を改善する新たなソリューションの導入が求められていました。

  2. 効果

    定例業務の自動化を実現するRPAソリューション「SynchRoid」を導入し、月約570時間の業務時間削減に成功しました。

  1. 課題.2

    グループ会社全体でRPAを活用するために、エンジニア以外でもソフトウェアロボットを開発できるRPAソリューションを検討していました。

  2. 効果

    未経験者でも開発可能な「SynchRoid」を採用し、習得した開発スキルは社内で横展開し人材育成を行っています。

浜松市で鉄道やバスなどの運輸業を中心に事業展開を行う遠鉄グループでは、運輸業に留まらず、不動産、保険代理店、百貨店、旅行代理店と幅広く事業を展開しています。2020年の東京オリンピック以降、労働人口の減少や市場縮小、技術改革が本格的に進むと言われる中、外部環境の変化に柔軟に対応できる事業基盤を整えるため、既存の業務環境を抜本的に見直す必要があると考えています。AIを活用したチャットボットやデータ分析により労働時間の削減を目指す一方で、さらなる労働時間の削減を目指し、RPAソリューションの導入を検討しました。

目標の達成には現場ニーズにあった開発が必要と考え、17のグループ各社がソフトウェアロボットの開発・活用をできる仕組みを構築することにしました。そのため、プログラミングスキルのない社員でも開発を行えるRPAソリューションを導入する必要があり、10以上のサービスを比較検討。その結果、直感的で分かりやすい開発画面ながら、開発の自由度も高い点を評価し「SynchRoid」の導入を決めました。各社が自由にソフトウェアロボットを開発できる環境を整えたい一方、セキュリティの観点からICT推進課で一括管理したい、との考えもあり、「SyncRoid」の中でも、デスクトップ上でソフトウェアロボットを実行する「ライトパック」(RDA)ではなく、複数のソフトウェアロボットをサーバで実行する「ベーシックパック」を選択しました。

現在は、貸切バスの移動距離・所要時間の自動検索、不動産賃貸物件の情報の検索、ダイヤ改正のために収集する膨大な乗降情報の自動収集など、多種多様な106個のソフトウェアロボットを開発し運用しています。多くの定例業務を自動化した結果、月約570時間の業務時間削減に成功し、社員の負荷軽減に加え、競合他社の最新情報収集など、従来行えていなかった新たな業務が出来るようになりました。今後もさらに活用範囲を広め効率化を進めるとともに、削減できた時間で付加価値を与えるサービスの創造に取り組んでいきます。

お客さまの声

遠州鉄道株式会社 経営企画部 ICT推進課長 山内 大輔 氏

グループ各社が自由に開発した方がより現場ニーズに即したソフトウェアロボットを開発できると考え、現場での活用を重視したサービス選定、運用方法の検討を進めました。しかし、管理者の視点では一括管理機能は必須条件です。そのため、ソフトウェアロボットの開発は各社に任せていますが、全体管理はICT推進課で行い、トラブルの際も即対応できる環境を整えました。さらに業務システムへの連携が必要なロボットも多数あったため、グループ各社の業務システムへのアクセス権限を取得したRPA専用のPCをICT推進課内で用意し、そこでタイムスケジュールを組んで、日々自動実行しています。また、ログの定期的な抽出も行っており、どのロボットが月に何回実行されたかも確認しています。そうすることで、使用されていないロボットに関しては、開発者とともに改善策を検討することができるようになりました。ICT技術の導入で、社員の労働時間を年間50,000時間削減、うちRPA化で年間15,000時間の削減を目標にしているので、今後も積極的に開発・改良を続けていきます。

遠州鉄道株式会社 経営企画部 ICT推進課 赤星 彩 氏

導入にあたっては、10社以上のRPAソリューションを比較検討しました。簡易なツールとしては、Excelのテンプレートに操作を入力するだけの簡単なものから、逆に開発自由度が高く、従来のプログラミングのような開発をする必要があるツールなど、同じRPAソリューションでも、開発レベルはさまざまです。その中で「SynchRoid」は、未経験者であっても習得可能なレベルでありながら、開発自由度も高く、当社の求めるツールとして最適でした。また、大半のサービスがクライアントPC上でロボットが実行される仕様に対し、「SynchRoid」はサーバ上でロボットを実行することができます。遠鉄グループ全体でロボットを開発・実行していきたいという弊社の目的を実現させるためには、サーバ上で実行される「SynchRoid」の方が管理しやすいと感じました。現在は当課の半数以上が一定の開発スキルを習得できたので、グループ各社に対しての開発者教育も進めています。各社でRPAの専任担当者がアサインされているので、その担当者が独自でソフトウェアロボットを開発可能になれば、さらなる導入効果を生むと確信していますので、少しずつでも開発できる人材を増やしていきたいと思います。

導入企業情報

遠鉄グループ

会社名:遠州鉄道株式会社
本社:浜松市中区旭町 12-1
設立:1943年11月1日
URL:http://www.entetsu.co.jp/
従業員数:1,624名

  • パンフレット記載内容は2018年7月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

サービスパンフレットのご請求

資料請求フォーム

関連導入事例

    事例 遠州鉄道株式会社 様 RPA(SynchRoid)

    遠州鉄道株式会社 様では、グループ各社で「SynchRoid」を活用し業務を自動化。月約570時間の業務時間削減を達成。