株式会社ファブリカ 様

株式会社ファブリカ 様 スマートデバイスで簡単・高品質なビデオ会議を実施。戦略的な店舗運営で最大160%の売り上げアップを実現。

LACOSTE

ワニのマークで世界中に親しまれているアパレルブランド「ラコステ」。同ブランドの国内製造・販売事業を展開するのが株式会社ファブリカ(以下、ファブリカ)です。全国150以上の直営店を運営する同社では、新しいコミュニケーション手段として、ソフトバンクテレコムの「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス(タイプ2)」を導入しました。手軽に高品質なビデオ会議が行えるようになり、ブランドの一体感強化、店舗ディスプレイの質の向上を実現。新規大型店では目標値に対し、最大160%の売り上げアップを達成しています。

業種:流通

規模:101人~500人

導入サービス:ビデオカンファレンス・モバイル

お問い合わせフォーム

課題と効果

  1. 課題.1

    遠隔会議の際、電話会議を利用していましたが、相手の表情が見えないため、情報が正しく伝わっているのか分からず、指示などの徹底が困難でした。

  2. 効果

    「ホワイトクラウド 「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス(タイプ2)」は、
    スマートフォンやタブレット端末でビデオ会議を利用でき、高品質な映像で相手の表情まで分かります。本部と店舗との距離が近くなり、社員のモチベーションも向上しました。

  1. 課題.2

    アパレル業はブランドイメージを大切にしなければなりません。しかし、各店舗のディスプレイの状況をリアルタイムに確認し、改善する方法がありませんでした。

  2. 効果

    「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス(タイプ2)」を店舗ディスプレイの確認にも活用。マネキンに着せる商品の組み合わせまで、細かな指示を的確かつリアルタイムに伝えられます。

  1. 課題.3

    店舗スタッフの中にはITに不慣れな社員もいます。難しい操作が必要な機器の導入は避けなければなりませんでした。

  2. 効果

    インターネットやWi-「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス(タイプ2)」は、スマートフォンやタブレット端末なら3回タップするだけで会議に参加可能。特別な教育を行わずとも、全員がすぐに使いこなすことができました。

  • 株式会社ファブリカ営業本部リテール事業部長 武山大輔氏

背景

顔の見えないコミュニケーションでは情報が一方通行になることも

顔の見えないコミュニケーションでは情報が一方通行になることも

世界的アパレルブランド「ラコステ」の日本における独占製造・販売権を有するファブリカ。150以上の直営店を中心とした同社の販売ネットワークは全国にわたり、いかにコミュニケーションを行うかが課題となっていました。
例えば、ブランドイメージが重要なアパレル業において、各店舗のディスプレイの質の向上と、その統一は重要なテーマです。そのため、本部と店舗スタッフとの間で常にイメージを共有する必要があります。しかし、販売ネットワークが広範にわたる状況では、各地域を統括するスーパーバイザーや本部スタッフが頻繁に店舗をチェックすることも、店舗スタッフが打ち合わせのために本部を訪れることも容易ではありません。
そこで、同社では電話会議システムを使って、情報共有のための会議を実施。「とはいえ、電話会議では表情が見えないため、相手の理解度や悩みどころが分からず、情報が一方通行になりがちでした」と同社の武山 大輔氏は話します。

選択のポイント

「使いやすさ」と「映像品質」を高く評価して導入を決定

「使いやすさ」と「映像品質」を高く評価して導入を決定

そこで、同社が採用したのが映像と音声によるコミュニケーションを行えるソフトバンクテレコムの「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス(タイプ2)」です。
 まず、評価の対象となったのが「使いやすさ」です。「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス(タイプ2)」は、ビデオ会議専用端末を導入せずとも、使い慣れたパソコンやスマートデバイスなどから利用できます。「店舗では場所をとらないタブレット端末での会議参加を考えていました。加えて、タブレット端末ならたった3回のタップだけで会議に参加可能。これならITに不慣れなスタッフでも、すぐに使いこなせます」と武山氏は言います。
2点目は「映像品質」です。相手の細かな表情が分かることはもちろん、店舗内のディスプレイを確認するためにも、高い映像品質が求められていました。「タブレット端末を手に持ち、店舗内を移動しながら撮影しても、映像が乱れることはありません。他のサービスと比べても映像品質は数段上だと感じました」と武山氏は強調します。

活用効果

コミュニケーションの質の向上で最大160%の売り上げアップ

コミュニケーションの質の向上で最大160%の売り上げアップ

現在、同社はほぼすべての店舗にタブレット端末を配備。Wi-Fi接続で「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス(タイプ2)」を利用しています。一方、本部ではパソコンの利用が中心です。「売り上げの報告会議、スーパーバイザーとの会議など、遠隔で行っていたあらゆる会議を相手の顔を見て行えるようになり、情報伝達が格段にスムーズになりました。また、映像を通じて、店舗のディスプレイや、マネキンに着せる商品の組み合わせまで、細かな指示を的確かつリアルタイムに出せることで、店舗づくりの質の向上にも役立っています」と武山氏は話します。
さらに、顔が見えるコミュニケーションはブランドの一体感の強化にも貢献。各店舗のスタッフが本部の上司、時には代表取締役社長の正木 博一氏と顔を見ながら直接話せる機会を持てるようになったことで、モチベーションが向上しています。
加えてタブレット端末との相乗効果もあります。「ある店舗では、スタッフ自らが商品を着用し、その姿をタブレット端末で撮影。具体的な商品の着こなし方や組み合わせ方をお客様に提案していました。それをビデオ会議で紹介したところ、アイデアが一気に各店舗へ広がり、接客力の向上にもつながっています」と武山氏は言います。
こうしたコミュニケーションの質の向上は、具体的な数字にも表れています。「既存店では前年比で概ね20%の売り上げアップ、新規大型店では目標値に対し、50%~160%の売り上げアップを達成しています」と武山氏は強調します。また、設備投資を最小限に抑えることができるうえ、従来の電話会議と同等のコストで利用でき、コストの最適化にも貢献しています。

導入したサービス

「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス(タイプ2)」は、ビデオ会議専用端末を導入せずとも、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などのスマートデバイスで利用できるクラウド型のコミュニケーションサービス。専用機器の購入やシステム構築の負担なく利用を開始でき、導入コストを大幅に低減できます。利用時は、Web上のポータル(会議制御システム)にアクセスし、簡単な操作を行うだけで、高品質なビデオ会議を開始できます。場所やデバイスに依存せず利用できるため、多様なビジネスシーンでの活用が可能です。

導入したサービス イメージ

今後の展開

映像品質の高さを活かし、採用活動に活用

映像品質の高さを活かし、採用活動に活用

現在、同社では、会議以外の用途でも「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス(タイプ2)」の活用を進めています。すでに店舗スタッフの面接用ツールとしての利用を開始。「遠隔地にいても、面接官と入社希望者が顔を見ながらやりとりでき、採用精度の向上につながっています」(武山氏)。
今後も同社はこのような取り組みを通じ、「ラコステ」ブランドのロイヤリティ向上を追求、競争力の強化を目指します。

導入企業情報

株式会社ファブリカ

会社名:株式会社ファブリカ
本社:東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル13階
設立:1987年1月
資本金:4億7962万円
売上高:約96億4000万円(2011年度実績)
従業員数:461名
事業概要:フランスのスポーツカジュアルウエアブランド「ラコステ」衣料品の日本における輸入・販売事業、グローバルルールに基づいた直営店の運営事業などを展開する。国内の直営店舗数は北海道から九州まで150店以上。定番ポロシャツ商品については、国内工場での製造・販売・輸出も行う。
URL:http://www.lacoste.co.jp/

  • 記載内容は2012年7月現在のものです。
  • サービス名称は一般的に各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

サービスパンフレットのダウンロード

資料ダウンロードフォーム

関連導入事例

    事例 株式会社ファブリカ様 ビデオカンファレンス

    株式会社ファブリカ様では、メンズショップ第1号店をリニューアルする際に、クラウド上でのコンテンツ管理が可能なデジタルサイネージ・ソリューション「ホワイトクラウド ビジュアモール クイックサイネージ」を導入し、店舗の集客力を強化しています。