フィールズ株式会社 様

フィールズ株式会社 様 ソフトバンクの携帯電話と「おとくライン」を併用し営業効率向上と音声通信コストの削減を実現

FieLDS

遊技機の企画開発・販売を中心に、コンサルティング型の営業活動を展開するフィールズ。同社では、営業担当者に毎月一定額の通信費を支給し、個人の携帯電話を業務で利用していましたが、そこから生じるさまざまな問題を解消するため、ソフトバンクの携帯電話を導入。同時に、固定電話も「おとくライン」に切り替えることで音声通信全体のコスト削減に成功しました。これにより、コミュニケーションの活性化とセキュリティ対策の改善にもつながっています。

業種:流通

規模:1,001人~5,000人

導入サービス:おとくライン・モバイル

お問い合わせフォーム

課題と効果

  1. 課題.1

    外出、移動の多い営業担当者にとって携帯電話は不可欠なツール。毎月一定額の通信費を補助していたものの、それでは足りないことが多く、また万一の紛失・盗難の際のリスクもあり、業務用の携帯電話の貸与が求められていました。

  2. 効果

    ソフトバンクの携帯電話を各営業担当者に貸与。通話料を気にすることなく利用できるようになり、社員満足度と営業効率の向上につながりました。また、「安心遠隔ロック機能」で情報漏えいリスクも軽減しています。

  1. 課題.2

    新たに会社から携帯電話を貸与し、個人負担をなくすわけですから、コストが増えてしまうことは覚悟していましたが、できるだけ安価に、できれば従来と同額程度に抑えたいと思っていました。

  2. 効果

    ソフトバンクの携帯電話とソフトバンクテレコムの固定電話サービス「おとくライン」を導入することで、固定、携帯を合わせた音声通信全体でコスト削減を実現できました。

  • フィールズ株式会社執行役員CIO(兼)コーポレート本部長 伊藤英雄氏
  • フィールズ株式会社コーポレート本部総務部長 寺井雄治氏
  • フィールズ株式会社営業本部販売戦略部 公文一嘉氏
  • フィールズ株式会社コーポレート本部総務部 平方翠氏

背景

個人携帯の業務利用で通話料とセキュリティ面に課題

個人携帯の業務利用で通話料とセキュリティ面に課題

自らパチンコ・パチスロ遊技機の企画開発を手がけ、全国13,500店におよぶパチンコホールに販売しているフィールズ。同社では、単に遊技機を販売するだけでなく、蓄積したマーケティングデータを駆使して、地域特性や顧客層に合った機種を提案するなど、コンサルティング型の営業活動を行っています。 その最前線に立つのが約330名の営業担当者です。「当社では、各営業担当者に自分の担当ホール様が地域ナンバーワン店になるよう競い合ってもらうため、エリア制は採用せず、離れた複数のホール様を担当してもらうようにしています。したがって、業務中は移動が多く、ホール様や支店との連絡に携帯電話が欠かせません。しかし、従来は個人の携帯電話を利用していたため、さまざまな問題がありました」と同社の伊藤英雄氏は打ち明けます。 1つが通話料の問題です。同社では、営業担当者に毎月一定額の通信費を補助していましたが、それでは業務に利用した通話料をまかなえず、個人負担が大きくなっていたのです。それが原因で、必要な通話を控えるようなことがあれば業務にも支障をきたします。2つめはセキュリティの問題です。万一、営業担当者が携帯電話を紛失した場合には、顧客情報が流出してしまいます。「そのリスクを軽減する仕組みも求められていました」と寺井雄治氏は述べます。

選択のポイント

固定電話を含む音声通信全体でのコスト削減案を採用

固定電話を含む音声通信全体でのコスト削減案を採用

こうした課題を解決するため、同社は業務用携帯電話を各営業担当者に貸与することを決定。「増加してしまった通話料の個人負担をなくすことが目的の1つですから、コストが上がってしまうのはしかたありません。しかし、できるだけ安価に抑えたいと思っていました」と伊藤氏。そうした観点から、複数の通信事業者のサービスを比較。電波状況についても、複数の支店で2ヵ月間のテストを行うなどし、最終的にソフトバンクのサービスを導入することに決めました。採用したソフトバンクの提案とは、携帯電話だけでなく、新たな設備投資を必要とせずに基本料金や通話料を削減できる固定電話サービス「おとくライン」も合わせて導入するものでした。2つのサービスを併用すると、携帯電話単体では難しいコスト削減を、音声通信全体で実現することができます。「携帯電話間の通話料だけを割り引く提案などはありましたが、当社の思いをくんだ総合的な提案をしてくれたのはソフトバンクテレコムだけでした」と、公文一嘉氏は話します。

活用効果

コスト削減のみならず、営業担当者の情報交換が活性化

コスト削減のみならず、営業担当者の情報交換が活性化

同社では、営業担当者のほか、役員や外出する機会の多い社員用に約460台の携帯電話を導入。固定電話回線も順次「おとくライン」に切り替えました。「これにより、本社や拠点の固定電話間、固定電話と携帯電話間の通話料が削減でき、音声通信全体で、月額約16%の削減に成功しました。当初は、コストをできるだけ増やさずに携帯電話の導入ができればと思っていましたから、ソフトバンクテレコムには非常に感謝しています」と平方翠氏は話します。個人負担がなくなったことで、営業担当者が必要な通話を控えることもなくなりました。 セキュリティに関しては、法人ユーザなら無料で利用できるモバイルサービスの「安心遠隔ロック機能」で対応。これは、管理者側の操作で契約端末の操作をロックし、閲覧・通信を防止するというもの。「これなら、紛失・盗難時の届け出を徹底すれば、万一の場合にも安心です」(公文氏)。 効果はこれだけではありません。携帯電話を一括管理できるようになり、各営業担当者の電話番号とメールアドレスをリスト化し公開したところ、営業担当者間のコミュニケーションが活性化したのです。「以前は、そもそも連絡先が分からなかったり、個人用の携帯電話に連絡することをためらっていたようなのですが、現在では、営業担当者が他エリアの系列店の様子をヒアリングするなど、積極的に情報交換を行うようになっています」と平方氏は強調します。

導入したサービス

ソフトバンクの携帯電話を法人契約し、営業担当者に貸与。さらにソフトバンクテレコムの固定電話サービス「おとくライン」を合わせて導入することで、固定電話の基本料が割安になるほか、固定電話間、固定と携帯電話、携帯電話間の通話料が削減。会社の福利厚生面の改善とコスト削減という問題を一気に解決しています。

活用効果のイメージ

今後の展開

全社員への携帯電話貸与やスマートフォンの利用も検討

全社員への携帯電話貸与やスマートフォンの利用も検討

今後、同社では、事務スタッフにも携帯電話を貸与する構想を検討しています。「全社員が業務用携帯電話を持つことで目的の相手と直接通話でき、業務の効率化が期待できるのではと考えています」と寺井氏。また、新機種の提案や社外での営業支援システムの利用のため、ノートPCを持ち歩く営業担当者もいますが、持ち運びや起動に手間のかかるノートPCではなく、携帯電話の利便性を備えたスマートフォンの活用も視野に入れています。「こうした次の施策や既存の電話設備の運用・保守など、ソフトバンクテレコムには、あらゆる面で当社のビジネスをバックアップしてもらいたいですね」と伊藤氏。新たなエンタテインメントの創造を目指す同社のソフトバンクテレコムへの期待はますます大きくなっています。

導入企業情報

フィールズ株式会社

会社名:フィールズ株式会社
本社:東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー
設立:1988年6月
資本金:79億4,803万円
従業員数:1,079名(連結、2008年3月31日現在)
事業概要:「すべての人に最高の余暇を」を企業理念に、エンタテインメント性、ゲーム性を追求したパチンコ・パチスロ遊技機の企画開発・販売はもとより、デジタルコンテンツの多元的利用を基幹とする戦略を推進。ゲームソフト、スポーツ、モバイル、さらには映画、アニメーションなど、幅広いエンタテインメント分野をカバーする。
URL:http://www.fields.biz/

  • 記載内容は2008年5月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

関連導入事例

    事例 フィールズ株式会社様 モバイル

    フィールズ株式会社様では、社員の業務携帯にソフトバンクの携帯電話を導入、合わせて固定電話をおとくラインにしたことで音声コスト削減に成功しました。