富士エレクトロニクス株式会社 様

富士エレクトロニクス株式会社 様 「VMware vCloud® Datacenter Service」を導入してシステムをクラウド化。運用コスト削減に加え、BIツールのパフォーマンスが劇的に改善

業種:情報通信

規模:101人~500人

導入サービス:VMware vCloud® Datacenter Service・SmartVPN

お問い合わせフォーム

半導体や電子部品、電子機器の総合商社である富士エレクトロニクス株式会社(以下、富士エレクトロニクス)は、オンプレミスで運用していた仮想システムを「VMware vCloud® Datacenter Service」へ移行し、クラウド化による運用コスト削減に取り組みました。サーバリソースの刷新により営業担当者が在庫確認などで常用するBIシステムのレスポンスが大幅に改善、さらに全国の拠点を結ぶ広域ネットワークに「SmartVPN」を導入しIP電話の安定運用も実現しました。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    情報システム担当者のリソースがひっ迫しており、システムの運用コストを軽減する必要がありました。

  2. 効果

    「VMware vCloud® Datacenter Service」へ主要システムを移行させ運用コストを削減できました。

  1. 課題.2

    既存のネットワークは不安定で、さらに障害発生時のサポート体制も不十分で迅速な対応を得られませんでした。

  2. 効果

    「SmartVPN」を導入し安定性が向上。ソフトバンクのSEや営業担当者の迅速な対応にも満足しています。

導入後の構成概要

富士エレクトロニクスは最先端の半導体、電子部品、電子機器を世界市場から調達し安定的に供給するエレクトロニクスの専門商社です。本社、営業拠点、サテライトオフィス、関連会社を含めて全国に18拠点をIP-VPNネットワークで結び、本社で運用する業務システムおよびIP電話を利用していました。

事業規模の拡大にともない情報システム部門のリソースがひっ迫し、オンプレミスでのシステム運用コストが大きな負荷となっていました。そこで同社が注目したのがクラウドの活用です。自社環境で各社の仮想サーバ製品を検証した結果、法人専用クラウドサービスの運用実績があるソフトバンクの「VMware vCloud® Datacenter Service」へ主要システムを移行させることにしました。日々のシステム運用業務やハードウェアの定期的な購入や故障対応、本社ビルの定期点検によって発生する全システムの停止・再起動といったハードウェアの運用負荷は大幅に減少しました。-VPNネットワークで結び、本社で運用する業務システムおよびIP電話を利用していました。

一方、拠点間を結ぶ既存のIP-VPNネットワークは、営業担当者が問い合わせや障害対応に速やかな対応ができないという問題を抱えていました。そこで「VMware vCloud® Datacenter Service」への移行においてSEや営業担当者の対応力に実績のあったソフトバンクの閉域ネットワーク「SmartVPN」へリプレイスしました。ネットワークの安定性に加え、定期メンテナンスやネットワーク稼動率といった運用状況が逐次メールで連絡されるなどの情報提供サービスにも満足しています。-VPNネットワークで結び、本社で運用する業務システムおよびIP電話を利用していました。

お客さまの声

富士エレクトロニクス株式会社業務推進室IT戦略グループ 鈴木良史氏

多品種のエレクトロニクス製品を扱う商社であるため、商品管理のデータベースに登録している商品数は約22万、在庫明細は1,400万レコードにもなります。この膨大なアイテムの在庫状況や販売実績などをリアルタイムで確認するBIツールを自社開発して運用しており、全社員の約3分の2が常時ログインしている高負荷状態で運用しているため、アクセス集中によるレスポンス遅延やシステム停止に悩まされていました。

このBIツールの応答速度改善を期待して、「VMware vCloud® Datacenter Service」を導入しました。2台の仮想マシンを冗長構成として運用を開始したところ、以前は数秒程度かかっていた応答時間は1秒以内に短縮され、システム停止も発生しなくなりました。

当社で最も負荷の高いシステムの劇的なパフォーマンス改善が実現できたことでクラウドサービスの有用性を認識しました。現在は11台の仮想マシンまで拡張し、ほぼすべてのシステムをクラウド化しています。オンプレミスに比べて総コストは増加していますが、ハードウェアを固定資産として所有するのではなく、システムインフラに関する保守サービスも含めた一定の月額費用で運用できるため、経営層の理解も得られやすいです。

システムのクラウド化を通してソフトバンクの技術力やサポート体制に信頼感を得られたので、ネットワークに関してもソフトバンクに一本化しようと、全拠点のアクセス回線とバックボーンの閉域ネットワークを「SmartVPN」へ切り替えたところ、ネットワークは安定し障害はほとんど発生しなくなっています。

導入企業情報

富士エレクトロニクス株式会社

会社名:富士エレクトロニクス株式会社
本社:東京都文京区本郷3-2-12 御茶の水センタービル
設立:1970年9月1日
URL:http://www.fujiele.co.jp/
従業員数:単体341名、連結414名(2016年2月期)

  • 記載内容は2016年3月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

サービスパンフレットのダウンロード

資料ダウンロードフォーム

関連導入事例

    事例 富士エレクトロニクス株式会社様 VMware vCloud® Datacenter Service

    「VMware vCloud® Datacenter Service」を導入しシステムをクラウド化。運用コスト削減に加え、BIツールのパフォーマンスが劇的に改善