株式会社グランビスタ ホテル&リゾート 様

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート 様 Surface 3と「Google Apps for Work™」を導入し、モバイル端末を活用するワークスタイル導入で残業時間の削減と情報共有強化を推進

業種:サービス

規模:1,001人~5,000人

導入サービス:Google Apps for Work™・Surface 3

お問い合わせフォーム

ホテルや水族館、ゴルフ場などの運営を全国で展開する株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(以下、グランビスタ)は、接客やフィールドワークの担当者など業務用PCを配布していない社員との情報共有を強化するため2014年に「Google Apps for Work™」を導入しBYOD(私物端末の業務利用)を実現しました。2015年には札幌グランドホテルの営業担当者にSurface 3を配布し、リモートデスクトップを介してモバイル環境でもPC同様の業務を可能としました。ワークスタイル変革により残業時間の削減や業務効率化を実現しています。

  • 2016年9月29日付でGoogle社によるブランド変更が実施されました。一部旧名称が記載されており、新名称へお読み替えくださいますようお願い申し上げます。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    業務用PCを持たないスタッフとのコミュニケーションは紙の資料を配布するか口頭伝達に限られ、効率的ではありませんでした。

  2. 効果

    「Google Apps for Work™」を1,100アカウント配布し、BYOD端末からの利用を認める施策により情報共有を強化しました。

  1. 課題.2

    営業担当者はPCの持ち出しができないため、外出先から帰社してからの対応となり、機会損失してしまうこともありました。

  2. 効果

    Surface 3の配布により外出中でも業務用PC同様の業務処理が可能になり、ロスを防ぎ収益を向上させることができました。

導入後の構成概要

全国17ヵ所に展開する札幌グランドホテルや鴨川シーワールド、ハイウエイレストランなど運営事業や物販事業を手掛けるグランビスタは、「モバイル」「ソーシャル」「クラウド」といった最新の情報テクノロジーを活用したワークスタイル変革に取り組んでいます。

ホテルや水族館、ゴルフ場、レストランで働くスタッフの多くは業務用PCを持たない環境のため、迅速な情報共有が難しいことが課題でした。そこで、情報共有の効率化やコーポレートアイデンティティ強化の目的として、クラウド型グループウェア「Google Apps for Work™」を導入し、BYODによるスマートフォンからのアクセスを可能にして、情報共有の強化を推進しています。

またホテルの宴会予約などを営業する外勤スタッフにSurface 3を配布、これによりリモートデスクトップを介し、社外からでも社内システムに接続して宴会の予約状況をリアルタイムに把握できるようになり、商談の進行がスムーズになりました。また、外出中の移動時間などを活用し業務用PCと同様に業務を行えるので残業時間を削減することができました。

お客さまの声

お客さまの声

同社が運営する水族館「鴨川シーワールド」

株式会社グランビスタホテル&リゾートコーポレート管理本部IT推進部長 桝本正司氏

2014年よりIT戦略をゼロベースで見直し、モバイル環境に対応したワークスタイルの実現を推進しています。そうした施策の1つとして、老朽化していたグループウェアをクラウドベースでモバイル環境でも使えるツールに移行しました。11社によるコンペの結果、機能要件に加えてユーザの使い勝手を評価してソフトバンクの「Google Apps for Work™」を選定しました。メールアカウントを配布していなかったスタッフにもBYODを認めてグループウェアを利用できるようにしています。
営業担当者へのモバイル端末配布については、タブレット端末、Surface 3、ノートPC+データカードの3つの環境を用意して2ヵ月間ほど実地調査した結果、最も業務改善効果の高かったSurface 3を選択しました。プレゼン用ツールとしての使い勝手に加え、通常のPCとしてもストレスなく使えること、LTEモデルなのでデータカードの管理が不要であることを評価しました。今後は紙のパンフレットを電子化してSurface 3をプレゼンテーションツールとして利用拡大していきます。

株式会社グランビスタホテル&リゾート営業開発本部マーケティング部長 黒田英紀氏

当社のスタッフは事業所ごとの採用が多いので、ほかのホテルやサービス施設でどのような取り組みをして、どれほどの効果が出ているのかといった情報を手に入れることが難しいという課題がありました。「GRANVISTA」というコーポレートブランドの意識付けやグループへの帰属意識を強化するために「Google Apps for Work™」の提供する情報共有サービスを活用しています。

株式会社グランビスタホテル&リゾートコーポレート管理本部IT推進部課長代理 岩山亮氏

「Google Apps for Work™」にBYOD端末からアクセスを許可するにあたり、シングルサインオンの認証サービスを追加してセキュリティを強化しています。一方Surface 3ではVPN接続で社内ネットワークにアクセスし、各自の社内PCにリモートアクセスできる仕組みを用意しています。社内PCは基幹システムに接続して宴会予約状況や空室状況をリアルタイムで確認できます。これにより外出中の営業担当者はSurface 3からリモートデスクトップを介して各種の予約状況が参照可能になり、お客様からのお問い合わせにすぐに回答できるようになりました。

株式会社グランビスタホテル&リゾートマーケティング部マーケティング課係長 野沢拓也氏

PC向けに社内ポータルサイトを運営していましたが「Google Apps for Work™」とBYODが実現したので、業務用PCを持たないスタッフへの情報共有基盤として既存のコンテンツを「Google サイト」へ移行することを進めています。社内業務に関する便利な情報提供に加えて、各施設で取り組んでいる施策の紹介といったコーポレートアイデンティティを強化するコンテンツも掲載する予定です。

導入企業情報

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート

会社名:株式会社グランビスタ ホテル&リゾート
本社:東京都中央区新川1丁目26番9号
設立:1958年8月27日
URL:http://www.granvista.co.jp/
従業員数:2,012名(2013年度現在)

  • 記載内容は2016年1月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

サービスパンフレットのダウンロード

資料ダウンロードフォーム

電話でのお問い合わせ

0800-919-0191
平日 9:00 - 18:00(携帯電話、PHSからもご利用可能)

関連導入事例

    事例 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート様 Google Apps for Work™

    Surface 3と「Google Apps for Work™」をモバイル端末で活用することで、残業時間の削減と情報共有強化を推進。