ヒューマンホールディングス株式会社 様

ヒューマンホールディングス株式会社 様

ヒューマンホールディングス株式会社 様

教育・人材・介護事業などを展開するヒューマンホールディングス株式会社(以下、ヒューマンホールディングス)。同社は従来のビデオ会議システムを刷新し、教育・人材事業拠点を中心とする43拠点に「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」を導入しました。専用端末のほか、タブレット端末でもビデオ会議を行えるようになったこと、さらに映像や音声の品質が高まったことで用途が拡大。遠隔での採用面接もクオリティが向上しました。また、月額数百万円かかっていたコストも大幅に改善しています。

業種:サービス

規模:1,001人~5,000人

導入サービス:ビデオカンファレンス・タブレット端末

お問い合わせフォーム

課題と効果

  1. 課題.1

    既存のビデオ会議システムは、回線の帯域不足などから、映像・音声の品質が悪く、円滑にコミュニケーションが取れませんでした。

  2. 効果

    「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」を導入し、映像・音声の品質が向上。今では、さまざまな研修や採用面接にも活用されるようになり、用途が大きく拡大しています。

  1. 課題.2

    従来利用していた専用端末は、生産が終了してしまったこともあり、故障などのトラブルに対応することが困難でした。

  2. 効果

    汎用性の高いタブレット端末なら、故障時にも修理や代替機の手配が容易。さらに、スピーカーやマイクなど周辺機器を用意する必要もなく、コスト面でもメリットがあります。

  1. 課題.3

    ISDN回線を利用していた従来のビデオ会議は従量課金制。利用頻度が多かったため高額な通信費がかかっていました。

  2. 効果

    インターネットやWi-Fi環境を新たに構築したことで通信費が定額となり、専用端末のレンタル費用、保守費用を含めて、コストを6割削減することができました。

背景

ビデオ会議の映像・音声の品質とコストの肥大化が課題

ビデオ会議の映像・音声の品質とコストの肥大化が課題

「教育」を基点に時代や社会のニーズに対応し、求められる人材を社会に送り出すための多彩な事業を展開するヒューマンホールディングス。人と社会の成長の輪を無限に拡げ、活力ある社会づくりに貢献しています。

事業戦略を深く共有し、全社員が同じ方向に向かって事業を推進するために、同社は以前からコミュニケーションを重視しています。その一環として10年前にビデオ会議システムを導入。北海道から沖縄まで、全国に展開する拠点を接続し、緊密なコミュニケーションを実践してきました。

「しかし、ISDN回線を利用するシステムのため、帯域が限られており、映像や音声が乱れることが頻繁にありました。また、拠点に配備した端末の中には、生産が終了してしまい、故障が発生しても修理が受けられないものもあったのです。品質、故障リスクの面からシステム見直しの必要性を感じていました」と同社の内田 浩靖氏は話します。
加えて、コストの肥大化も課題でした。ビデオ会議システムを利用した会議はほぼ毎日行われ、通信費だけで月額数百万円もかかっていたのです。

選択のポイント

タブレット端末でも利用できることを高く評価

タブレット端末でも利用できることを高く評価

課題を解決するために同社が導入したのが、ソフトバンクテレコムの「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」です。 まず、評価したのが映像や音声の品質の高さに加え、クラウドサービスである点。高額な設備投資の必要がなくコスト削減につながると判断しました。
次に専用端末だけでなく、タブレット端末を用いてビデオ会議を行える点も決め手となりました。「タブレット端末であれば、仮に故障してもすぐに修理したり、代替品を用意することができます。PCを用いた提案もありましたが、PCの場合はカメラやスピーカーなど、別の付属機器を用意しなければなりません。そうした周辺機器が必要ないタブレット端末はコスト面でも魅力でした」と内田氏は話します。さらに、ソフトバンクテレコムはネットワークの手配や敷設まで一括対応することが可能。利用開始後も、サービスに関するお問い合わせ、機器・回線トラブルに一元的に対応します。「例えば、ビデオ会議システムベンダの場合は、ネットワークは自分たちで調達しなければなりません。それに対し、ソフトバンクテレコムは、インターネットからタブレット端末向けのWi-Fi環境まで一括で対応してくれたので、とても助かりました」(内田氏)。

導入の概要と効果

採用面接など用途が拡大したうえに、コストを大幅に改善

採用面接など用途が拡大したうえに、コストを大幅に改善

現在、同社は主要8拠点に専用端末を設置。それ以外の35拠点にはタブレット端末を配備して「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」を利用しています。

簡単に持ち運べ、場所にとらわれずに利用できるタブレット端末の使いやすさ、さらに3回タップするだけですぐに会議を開始できる「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」の利便性、そして映像と音声の品質が向上したことで、ビデオ会議の開催頻度が増加。役員とマネジャーが参加する営業会議、本部と各拠点との情報共有のほか、各事業におけるコンプライアンス研修など、さまざまな用途に活用され、毎月約120回、合計220時間ものビデオ会議が行われています。「特に利用範囲の広がりを感じるのが『面接』です。新しく人材を採用する際、初期の選考は各拠点主体で行っていますが、会社として求める人物像とのミスマッチを防ぐため、最終的な判断は各事業会社の幹部や人事責任者が直接面接を行っています。 そのため、遠隔地での選考の場合には時間と経費の効率化のため、ビデオ会議で最終面接を実施するケースがありました。しかし、旧システムは映像と音声の品質の低さやタイムラグの大きさにより十分なコミュニケーションが取れなかったため、あくまで副次的な面接手段でしかありませんでした」(内田氏)。

一方「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」導入後は、人事担当者も映像と音声の品質の高さを評価し、面接に積極的に利用するようになっています。「『面接の1つの手段』として定着した印象です。人事部門専用にタブレット端末を導入した事業会社もあります」と内田氏は強調します。
加えて、従量課金制のISDN回線などを利用していた従来のビデオ会議に比べてコストを6割削減。「ビデオ会議の品質向上と肥大化していたコスト削減という二兎を追い、その二兎を両方得ることができました」と内田氏は語ります。

導入したサービス

「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」はVPN、インターネットなど多様なネットワークに対応したクラウド型会議サービス。システム構築の負担なく、高品質なビデオ会議を利用でき、導入コストも大幅に低減できます。
サービスには、ビデオ会議専用端末を用いる「タイプ1」と、PCやスマートデバイスで利用できる「タイプ2」があり、用途や目的、拠点の規模に応じて選択できるのも大きなメリットです。
利用にあたっては、端末の提供からネットワークの構築・運用保守までソフトバンクテレコムが一括対応し、お客様の負担を軽減します。

導入したサービス イメージ

今後の展開

介護事業におけるビデオ会議の活用を検討

介護事業におけるビデオ会議の活用を検討

同社は「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」のさらなる活用を目指しています。例えば、動きのある映像もスムーズに表示できることから、介護事業での業務利用や、タブレット端末の業務への応用も検討中です。
「今回のシステム更改は、社内でのスマートデバイス活用の一歩になればという思いもありました。操作方法を丁寧に教えてくれたソフトバンクテレコムのサポートのおかげで、ほとんどの社員がスムーズにタブレット端末を使いこなしています。この経験を活かすことで、業務利用もスムーズに進みそうです」と内田氏は語ります。現在、同社はビジネスのグローバル化も推進中。「今後もさまざまな面でソフトバンクテレコムには支援を期待しています」と内田氏は締めくくりました。

導入企業情報

Human

会社名:ヒューマンホールディングス株式会社
本社:東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル1F
設立:2002年8月
事業概要:「人と社会の共生、成長の輪」をモットーに、教育・人材・介護・新規事業を展開。国内事業の拡大とともに、海外市場の開拓にも積極的に取り組んでいる。
URL:http://www.athuman.com/

  • 掲載内容は、2013年11月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

サービスパンフレットのダウンロード

資料ダウンロードフォーム

関連導入事例

    事例 ヒューマンホールディングス株式会社様 ビデオカンファレンス

    ヒューマンホールディングス株式会社様では、従来のビデオ会議システムを刷新し、教育・人材事業拠点を中心とする43拠点に「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」を導入。タブレット端末でもビデオ会議を行えるようになり、映像や音声の品質が高まったことで用途が拡大。月額数百万円かかっていたコストも大幅に改善しています。