導入事例

日本アジア証券株式会社 様

本社・別館・データセンターの3拠点に「SmartVPN」を導入。システム配置の最適化により可用性を向上。
課題 ネットワーク・サーバ構築、最適化
業種 金融
規模 101人~500人
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    東京本社・システム部門がある別館・全国の支店とデータセンターは異なるネットワークで運用しており、システムの配置変更に制約がありました。

    効果

    「SmartVPN」導入によりデータセンターも同一のネットワークとなり、システムの再配置を低リスクで実施。データセンターのリソースを最大限利用可能に。

  • 課題

    インターネット接続回線とVPN接続ポイントが本社に集中しており、本社ネットワークに問題が発生すると全国の支店にまで影響が及ぶ可能性がありました。

    効果

    データセンターにVPN接続ポイントを設置し、データセンターのインターネット接続回線を支店専用とする新しい構成を「SmartVPN」で実現。支店は本館のネットワーク障害に影響を受けなくなりました。

日本アジア証券株式会社は日本アジアグループの中核となる金融サービス企業です。日本アジア証券の東京本社と、そのシステム運用管理を担う日本アジアファイナンシャルサービスが入居する別館、および東京証券取引所に接続する証券受発注システムを設置したデータセンターの3拠点をソフトバンクの「SmartVPN」で結んだことで、社内情報システムの再配置を柔軟に行えるネットワーク環境になりました。

導入企業情報

日本アジア証券株式会社 様
日本アジア証券株式会社
本社 東京都中央区日本橋蛎殻町1-7-9
設立 1921年11月10日
URL http://www.ja-securities.jp/
従業員数 437名
導入サービス

※記載内容は2015年11月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ