日本アジア証券株式会社 様

日本アジア証券株式会社 様 本社・別館・データセンターの3拠点に「SmartVPN」を導入。システム配置の最適化により可用性を向上

業種:金融

規模:101人~500人

導入サービス:SmartVPN

お問い合わせフォーム

日本アジア証券株式会社は日本アジアグループの中核となる金融サービス企業です。日本アジア証券の東京本社と、そのシステム運用管理を担う日本アジアファイナンシャルサービスが入居する別館、および東京証券取引所に接続する証券受発注システムを設置したデータセンターの3拠点をソフトバンクの「SmartVPN」で結んだことで、社内情報システムの再配置を柔軟に行えるネットワーク環境になりました。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    東京本社・システム部門がある別館・全国の支店とデータセンターは異なるネットワークで運用しており、システムの配置変更に制約がありました。

  2. 効果

    「SmartVPN」導入によりデータセンターも同一のネットワークとなり、システムの再配置を低リスクで実施。データセンターのリソースを最大限利用可能に。

  1. 課題.2

    インターネット接続回線とVPN接続ポイントが本社に集中しており、本社ネットワークに問題が発生すると全国の支店にまで影響が及ぶ可能性がありました。

  2. 効果

    データセンターにVPN接続ポイントを設置し、データセンターのインターネット接続回線を支店専用とする新しい構成を「SmartVPN」で実現。支店は本館のネットワーク障害に影響を受けなくなりました。

導入後の構成概要

以前は、本館・別館・支店を結ぶ広域イーサネットにデータセンターは接続されていなかったため、システムの一部を移設するにはIPアドレスの設定をすべて変更する必要があり、人為的なミスが発生する可能性がありました。それを避けるために新旧2つの環境を構築して検証するなど手間のかかる作業が必要となり、システムの柔軟な再配置を妨げる要因となっていました。

こうした制約を解消するため、新たなデータセンターの開設に合わせ各拠点を結ぶ広域イーサネットとしてソフトバンクの「SmartVPN」を導入しました。これによりデータセンターも同一ネットワーク内となり作業負荷が軽減、本社と別館で運用していたシステムを順次データセンターへ移行させ、外的・人的なシステム停止リスクを回避できました。

インターネット接続用のISPはいずれも一旦本社ビル経由で外部ネットワークに接続する構成でした。全国の支店はVPN経由でいったん本社ビルのネットワークに入り、そこからインターネットまたはデータセンターの証券受発注システムへ接続していたので、本社ネットワークが障害などで不安定になると、全国の支店にも影響が及ぶという課題を抱えていました。「SmartVPN」導入後は、データセンター側にVPN接続ポイントを新設し、1つのインターネット接続回線を支店専用とすることで、本社ネットワーク障害に影響を受けない可用性が実現しました。また、本社と別館のインターネット接続は「SmartVPN」を介したDHCPによる振り分けを行うことで冗長化を実現しました。

お客さまの声

日本アジアファインアンシャルサービス株式会社代表取締役社長 山川達郎氏

管理者のオペレーションリスクを回避できたことで、各拠点で運用しているシステムの再配置による最適化を積極的に進めています。データ利用量やネットワーク利用頻度、電源容量などを精査して、ミッションクリティカルなシステムはデータセンターへ集約し、必要に応じて立ち上げるスタンバイ系システムは本社・別館で運用することで、電気代削減や不要になった機器に関するISPとの契約を解除するなどコスト削減が実現しました。
「SmartVPN」導入によるネットワークの可用やコスト削減の効果が明らかになったので、今後はBCPを意識したデータセンターおよび業務拠点の多重化にも着手したいと考えています。

日本アジアファイナンシャルサービス株式会社コンサルティング事業部シニアコンサルタント 千葉雄大氏

以前はデータセンターだけ広域イーサネットにつながっていなかったので、本社社員はインターネットVPNを使ってリモートデスクトップで受発注システムにアクセスする必要があり、インターネット回線の遅延などの影響を受けてつながりにくくなることもありました。副回線は用意していたもののインターネット経由では業務継続に対するリスクが大きいと感じていました。
「SmartVPN」を導入した結果、データセンターも閉域ネットワークでつながりインターネットVPNを経由せずにデータセンターのシステムに接続できるようになりました。接続時にVPNセッションを確立する必要がなくなったほか、インターネット回線の不安定さに影響を受けなくなり、使い勝手が向上しました。

導入企業情報

日本アジア証券株式会社

会社名:日本アジア証券株式会社
本社:東京都中央区日本橋蛎殻町1-7-9
設立:1921年11月10日
URL:http://www.ja-securities.jp/
従業員数:437名

  • 記載内容は2015年11月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例

    事例 日本アジア証券株式会社様 SmartVPN

    証券受発注システムを設置したデータセンターの3拠点を「SmartVPN」で接続することで配置の最適化、可用性の向上を実現