株式会社ジンズ 様

株式会社ジンズ 様

業種:流通

規模:1,001人~5,000人

導入サービス:Cybereason

本事例のPDFダウンロードはこちら

ボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動します。

メガネの企画から販売までを一貫して行っている株式会社ジンズ(以下、ジンズ)では、日本国内のみならず、中国・台湾・香港などアジアを中心にグローバル展開を加速させているほか、メガネ型ウエアラブルデバイス「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」の開発やハイエンド向けの新業態「ジェイ オブ ジンズ」のオープンなど、新たな領域への挑戦で事業の拡大を図っています。その一方で、取り扱う個人情報や機密情報が増えセキュリティリスクは年々高まっていました。同社が導入するアンチウィルスソフトだけでは、昨今の巧妙なサイバー攻撃を防ぎきれなくなっていたことから、万一マルウェアが侵入した場合でも、迅速に対処可能なEDR(Endpoint Detection and Response)ソリューションの導入を検討しました。いくつかの製品を検討した結果、ユーザーインターフェースの使いやすさや、マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)を付帯できる点を評価し、「Cybereason」の導入を決めました。導入後は、日々攻撃状況を管理画面で確認できるようになったのに加え、攻撃を疑う動きがあればMSSから報告を受けられ、手間をかけずにセキュリティを高められました。
さらに、月に1度Cybereasonからレポートが提出されるため、日々のセキュリティ対策だけでなく、今後のセキュリティ設計を検討する参考情報も入手できるようになりました。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    アンチウィルスソフトのみの導入だったので、エンドポイント対策が必要でした。

  2. 効果

    既存のアンチウィルスソフトでは検知不可能だった新たな脅威への対策が可能になりました。

  1. 課題.2

    数名で全社のセキュリティを監視しているため、運用負荷を抑えたソリューションである必要がありました。

  2. 効果

    MSSの導入で工数をかけずにエンドポイントソリューションを運用可能になりました。

年々巧妙化するサイバー攻撃に対し、大手企業におけるインシデントが相次ぐ昨今、アンチウィルスソフトだけでは攻撃を防ぎきれなくなっているのは明らかです。従来のゲートウェイ型のセキュリティでは簡単に社内環境へ侵入され、企業が持つ重要な情報が盗まれてしまいます。そこで重要になるのが、侵入を前提としたエンドポイントセキュリティを実現するEDRソリューションです。
ジンズでは過去に二度サイバー攻撃を受けた経験があることから、セキュリティ環境の構築を進めてきました。その取り組みの一つとして最初に導入を決めたのが「Cybereason」です。万一マルウェアに侵入された場合も、「Cybereason」であれば、攻撃を成立させないアプローチで未知の脅威であっても未然に対処可能です。限られたリソースの中で滞りなく運用を進めるために、MSSの導入を採用条件にあげていた同社ですが、比較したEDRソリューションの中で唯一ベンダーが国内でMSSを提供していたことに加え、使いやすいユーザーインターフェースであることから「Cybereason」の採用を決めました。
導入端末は全社員のPCに加え各店舗や倉庫に設置しているPC合計約700台です。配布は既存の資産管理ツールから一斉に行い、スムーズに完了しました。端末の状況は常に管理画面から時系列で確認でき、攻撃を疑う不審な動きがあった場合はMSSから連絡が入るので、管理者は工数を増やすことなく運用が行えています。
現在は、国内の端末のみに配布していますが、今後は、海外拠点の端末への導入を予定しており、その配布が完了次第、Windowsサーバなど導入範囲の拡大を検討しています。

「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」

「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」

管理画面は直感的で使いやすいUIを採用

管理画面は直感的で使いやすいUIを採用

お客さまの声

株式会社ジンズ IT 経営改革室 兼 IT ガバナンス室 事業統括リーダー 清水 啓一朗 氏

強固なセキュリティを維持するためには、日々の運用が非常に重要です。巧妙化する攻撃に対し、新たなソリューションを導入したとしても、それを運用できなくては意味がありません。限られたリソースや予算の中で、効率的に運用する方法を考えた時に、MSSの導入は必要不可欠でした。EDRソリューションを複数検討する中で、Cybereasonが国内にMSS機能を持っていたことと、管理画面の使い勝手がよく、すぐに端末の状況が把握できることを評価し採用を決めました。新規事業や新製品の開発など、事業の幅を広げる弊社にとってセキュリティの要になる「Cybereason」は今後も重要な役割を担うと思っています。

株式会社ジンズ IT ガバナンス室 統括リーダー 増村 洋二 氏

攻撃を疑う動きがあった場合MSSによってすぐに連絡をもらえるので安心感があります。十分なリソースの確保が難しい中で運用をMSSに任せられることは非常に有難いですし、セキュリティアナリストから解析結果を報告してもらえるので、運用担当者としては助かっています。当社では、将来的にテレワーク制度の導入の検討をはじめたところです。今後、ICT環境の見直しなど必要な部分もあると思いますが、「Cybereason」を導入した端末においては、持ち出しのリスクも最小限に抑えられると思っています。

導入企業情報

株式会社ジンズ

会社名:株式会社ジンズ
本社:東京都千代田区富士見2-10-2
設立:1988年7月
URL:https://corp.jins.com
従業員数:3,930名(その他準社員等含む/2018年8月末現在)

  • 記載内容は、2018年10月現在のものです。

本事例のPDFダウンロードはこちら

ボタンをクリックするとPDFダウンロードフォームへ移動します。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例

    事例 株式会社ジンズ 様 Cybereason

    株式会社ジンズ 様では、「Cybereason」の導入で運用負荷を最小限に抑えながらセキュリティを強化。