1. ホーム
  2. 法人のお客さま
  3. 導入事例
  4. 株式会社関西アーバン銀行 様

導入事例

株式会社関西アーバン銀行 様

渉外行員のタブレット端末をSIM搭載モデル「MediaPad 10 Link+ 402HW」に変更しスムーズな業務を実現
課題 働き方改革(業務効率化、生産性向上、営業力向上)
業種 金融
規模 1,001人~5,000人
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    Wi-Fiモデルのタブレット端末を使用していた頃は、モバイルWi-Fiルータと2台持ち歩く必要がありました。

    効果

    SIM搭載タイプの402HWにしたことでモバイルWi-Fiルータは不要になりました。

  • 課題

    モバイルWi-Fiルータではネットワーク接続できるまでに時間がかかっていました。

    効果

    402HWはネットワーク接続が早いので、お客さまをお待たせすることなく業務を進められます。

関西を中心に156店舗を展開する関西アーバン銀行では、2013年7月よりタブレット端末を導入し、業務に活用しています。行動予定や各種資料等を閲覧するほか、訪問先で書類等の授受を行った際に携帯型プリンタで預かり証を発行しています。2016年からはSIMを搭載したタブレット端末「MediaPad 10 Link+ 402HW」(以下、402HW)の導入を進め、外出先でのネットワーク接続環境を改善しています。

導入企業情報

株式会社関西アーバン銀行 様
株式会社関西アーバン銀行
本社 大阪市中央区西心斎橋1丁目2番4号
設立 1922年7月1日
URL http://www.kansaiurban.co.jp/
従業員数 2,429名(2016年3月末現在)
導入サービス

※記載内容は2016年4月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ

  • Webでお問い合わせ

    新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

  • 資料請求

    資料請求をご希望の方は下記フォームから資料請求ください。

  • 営業訪問希望

    無料トライアルご希望の方は下記フォームからお申し込みください。

  • 電話でお問い合わせ

    0800-222-3088 受付時間 / 平日10:00〜17:00