導入事例

キッコーマンビジネスサービス株式会社 様

グループ各社をつなぐ新ネットワークを構築。システム集約の基盤として大きな期待。
課題 ネットワーク・サーバ構築、最適化
業種 サービス
規模 5,001人以上
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    グループ各社が個別に構築・運用してきた生産管理システムなどの統合を推進しています。しかし、一元化を実現するには、統合システムを支える高品質なネットワークが不可欠でした。

    効果

    ソフトバンクテレコムの「ULTINA Wide Ethernet」と「ULTINA Managed Ether」を採用し、新ネットワークを構築。1社でキャリアダイバーシティに相当する信頼性を実現しています。

  • 課題

    グループ各社がネットワークを個別に構築・運用してきたため、グループ内に10個も閉域ネットワークが存在するなど、非常にムダが多い状態でした。

    効果

    グループ共通のネットワーク基盤を構築し、約30%のコスト削減を実現。運用管理もキッコーマンビジネスサービスに集約し、各社の担当者の業務負荷の低減にもつながっています。

  • 課題

    各社個別のネットワークだったため、セキュリティポリシーなどもバラバラ。コンプライアンスの観点からも改善が必要でした。

    効果

    新ネットワークでは、セキュリティポリシーなどを統一。また、認証基盤も統一できたことで、グループ内で人事異動があった場合の設定変更などの手間を最小限にできます。

醤油のトップブランドとして、日本の食文化を支えるキッコーマングループ。従来、同グループのネットワークは各社が個別に構築・運用してきたため、それぞれが独立している、サービスレベルに差があるなどさまざまな問題を抱えていました。そこで、ソフトバンクテレコムの「ULTINA Wide Ethernet」と「ULTINA Managed Ether」を組み合わせ、国内21社、82拠点を接続する新ネットワークを再構築。約30%のネットワークコスト削減を実現したうえ、現在、推進しているシステム統合を支える基盤としても重要な役割を担おうとしています。

導入企業情報

キッコーマンビジネスサービス株式会社 様
キッコーマンビジネスサービス株式会社
本社 東京都港区西新橋2丁目1番1号
設立 2009年10月1日
URL http://www.kikkoman.co.jp/
導入サービス

※記載内容は2012年8月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ