導入事例

株式会社眞殿建設 様

ソフトバンクのスマートフォンをベースにアルコール検知器とドライブレコーダーを低コストで導入
課題 コスト・管理リソース削減
業種 建設
規模 100人以下
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    アルコール検知器使用の義務化に伴い、低コストで信頼できるシステムを探していた

    効果

    ソフトバンクのスマートフォンとパイ・アール社のアルコール検知器「アルキラー」の組み合わせにより、低コストで持ち運び可能な仕組みを導入できた

  • 課題

    運送事業を開始したばかりで、運行管理の補助的なツールがないか探していた

    効果

    アルコールの検知内容や運行状況のログデータが社内パソコンに集積されるので、管理が便利になった

株式会社眞殿建設さまは、土木・舗装工事をメインとした建設会社。2010年11月に運送事業を立ち上げ静岡県内を中心に営業を開始し、最近では栃木県や山梨県、東北では宮城県にまで活動エリアを拡大中。運送事業の強化に伴い、ソフトバンクのスマートフォンを活用したアルコール検知器やドライブレコーダーを低コストで導入しました。

導入企業情報

株式会社眞殿建設 様
株式会社眞殿建設
本社 静岡県静岡市清水区梅ヶ谷39-23
社員数 28名
導入サービス

※記載内容は2011年7月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ

  • Webでお問い合わせ

    新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

  • 資料請求

    資料請求をご希望の方は下記フォームから資料請求ください。

  • 営業訪問希望

    営業訪問ご希望の方は下記フォームからお申し込みください。

  • 電話でお問い合わせ

    0800-222-3088 受付時間 / 平日10:00〜17:00