株式会社マリモホールディングス様

オンプレミスの仮想サーバを「ホワイトクラウド ASPIRE」に移行し、システム運用の負荷軽減や柔軟性を獲得

業種:不動産・住宅

規模:101人~500人

導入サービス:ホワイトクラウド ASPIRE・SmartVPN

お問い合わせフォーム

不動産事業を核とするマリモグループの持株会社である株式会社マリモホールディングス(以下、マリモホールディングス)では、各グループ会社の経営管理と業務支援を行っています。これまで、情報システム部門では本社と各拠点を結ぶネットワークのセキュリティ強化および負荷分散の観点からソフトバンクの閉域網「ULTINA Managed Ether」を採用し、本社に設置した仮想サーバ環境をオンプレミスで運用してきました。今回、仮想サーバの保守期間終了にあたり、かねてより導入を計画していたクラウド環境への全面移行を検討し、TCOに優れるソフトバンクの「ホワイトクラウド ASPIRE(以下、ASPIRE)」を採用しました。既存のネットワークベンダーとしての実績と信頼があり、クラウドサービスと一括で保守・運用などのサービス提供を受けられる点もソフトバンクを採用した理由でした。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    オンプレミスで運用していたサーバマシンの運用管理や数年ごとのリプレイスといった業務が発生していました。

  2. 効果

    クラウド環境になったことでマシンの運用管理やリプレイスが不要となり、サーバ運用支援コストも不要になりました。

  1. 課題.2

    サーバマシンの調達では、スペック決定や見積もり、発注、納期待ちなどに時間がかかり、迅速な対応を取れませんでした。

  2. 効果

    リソースを都度追加可能な「ASPIRE」では、サーバマシン調達を考慮する必要がなく柔軟にサーバ環境を構築可能です。

マリモホールディングスは数年前のサーバマシンリプレイス時にクラウド化を検討していましたが、当時はTCOや運用実績の面で評価できるサービスがなく、本社にオンプレミスで仮想サーバ環境を構築しました。その後、ソフトバンクの閉域網「ULTINA Managed Ether」を導入し、将来の全面クラウド化に備えセキュリティ対策やフルメッシュによる負荷分散を実施していました。

導入後の構成概要

オンプレミスの仮想基盤が保守終了となるタイミングを機に改めてクラウドとの比較検討を実施した結果、VMware基盤のソフトバンクの「ASPIRE」がコストや性能のバランス、また運用実績にも優れていたことから採用を決定しました。

サーバ構成を検討する際、ソフトバンクの担当SEが最適な構成環境をシミュレーションし、既存のOSやデータベースのライセンスを持ち込めるサーバ専有型を提案したことで、イニシャル/ランニングのコストを下げつつ余裕のあるリソースを利用可能になり、新規システムの検証環境を簡単に構築できるようになったのは大きなメリットです。

導入後は数年単位でのマシンの買い換えやシステム/データの移行、さらには故障対応といった計画外の保守業務に追われることもなく、経営戦略に近い積極的な業務に担当者のリソースを集中できるようになりました。

また、今後は仮想デスクトップ環境(VDI)を構築して外出や出張の多い社員を中心に提供することを検討しています。外出先でも安全に社内システムを利用できることでスピーディな意思決定が実現され、さらなる業務効率化が実現できることを期待しています。

完成予想図

マリモが手がける熊本都市計画
桜町地区第一種市街地再開発事業「ザ・熊本ガーデンズ」
完成予想図

お客さまの声

株式会社マリモホールディングス経営管理本部総務部課長 杉浦誠氏

ソフトバンクを選んだのはネットワークベンダーとして十分な実績と信頼があったからです。今回はオンプレミスで稼動している14台のサーバを一気にクラウド環境へ移行するため、年末年始の休業期間で確実に遂行しなければならない状況でした。当初はデータ量が大きいことに加えネットワーク的にも課題があり、ハンドキャリーでデータ移行する計画でしたが、解消が困難と想定していたネットワークの課題をソフトバンクの担当SEが解消し、しっかりとした事前検証を行った上で、根拠を持ってネットワーク経由で全サーバのデータを移行するプランを提示いただきました。万全の状態でネットワーク経由でのデータ移行を実施し、12月28日夕方から開始した移行作業が30日に余裕をもって完了できたのは、ソフトバンクの担当SEのおかげだと思っています。

株式会社マリモホールディングス経営管理本部総務部 加来慎太郎氏

「ASPIRE」に移行したことでバックアップ作業の運用が大幅に改善されました。移行前は夜間バッチ処理のバックアップが終わらず、データ量を考慮してフルバックアップと差分バックアップを組み合わせたスケジュールを作るなどの工夫をしていました。しかし、現在は新しいバックアップソフトを使うことで管理作業が大幅に簡略化されています。他社の管理ツールも体験したことはありますが、細かい設定ができる代わりに慣れるのに時間がかかる印象でした。それに比べて「ASPIRE」の管理ツールはとても分かりやすいインターフェイスで、既存ツールから違和感なく移行でき、加えて「ASPIRE」では2段階認証が利用できるのでセキュリティも向上しています。

導入企業情報

株式会社マリモホールディングス

会社名:株式会社マリモホールディングス
本社:広島県広島市西区庚午北1丁目17-23
創業:1970年9月
URL:http://www.marimo-ai.co.jp/
従業員数:357名(グループ全体、2017年1月1日現在)

  • パンフレット記載内容は、2017年5月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

サービスパンフレットのダウンロード

資料ダウンロードフォーム

関連導入事例

    事例 株式会社マリモホールディングス様 ホワイトクラウド ASPIRE

    株式会社マリモホールディングス様では、オンプレミスの仮想サーバを「ホワイトクラウド ASPIRE」に移行し、システム運用の負荷軽減や柔軟性を獲得