株式会社オオゼキ 様

株式会社オオゼキ 様 複数ベンダで構築していたネットワークを「SmartVPN」に統合することで月額コストを25%削減し回線品質も向上

業種:流通

規模:1,001人~5,000人

導入サービス:SmartVPN

お問い合わせフォーム

東京都を中心に神奈川県、千葉県に38店舗を展開する地域密着型のスーパーマーケットを運営する株式会社オオゼキ(以下、オオゼキ)は、業務システムごとに構築した複数のネットワークを利用していましたが、インターネットVPN のサービス停止や全ネットワークが集中している店舗の改装に迫られネットワーク全体を見直しました。「SmartVPN」にネットワークを集約することで月額約25%のコスト削減に成功したほか、閉域ネットワークによる安定性の向上、アクセス回線の増強による通信回線の品質向上も達成しました。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    全ネットワークが一店舗を経由しており、単一障害点となっていました。

  2. 効果

    「SmartVPN」にネットワークを集約することで、冗長化とコスト削減を両立したシンプルなネットワークを実現しました。

  1. 課題.2

    共有型のアクセス回線のため他ユーザの影響を受けてネットワークが不安定でした。

  2. 効果

    ベストエフォート型のアクセス回線と冗長構成により安定運用を実現しました。

導入後の構成概要

オオゼキでは独自のポイントカード「OZ カード」を発行し、買物で貯めたポイントを現金還元するサービスを提供しています。1978 年にPOSシステムを導入、1993年にはPOSシステムと連動したキャッシュバックカードを導入するなど、ICTシステムを積極的に活用して顧客サービスを向上させてきました。

同社がPOSレジシステムを刷新した2010年当時のネットワーク構成は、クレジットおよびポイントカードのデータを処理する専用線、POSデータや基幹系システムおよび社内ファイル共有などを処理する光回線、そして勤怠システムなどの情報系データを処理する光回線の3網構成になっていました。このうち基幹系システムで利用していたVPNサービスが提供停止になることを機にネットワークに関するいくつかの課題を同時に解消することにしました。

特に課題として指摘されていたのは、基幹系システムを運用している下北沢本店とは別にすべてのネットワークが上町店を経由する構成になっていたことです。かつてホストコンピュータを上町店に設置していた経緯でそのような構成を継承していたのですが、単一障害点であることに加え、営業している店舗のため法定年次点検時にすべてのネットワークが停止すること、またこの店舗を改装したくてもネットワークを止められないため改装計画が進まないといった問題がありました。他にもインターネット回線を共用していたため通信が不安定になる課題もありました。

「SmartVPN」に移行後は、下北沢本店へのアクセス回線に「Ether コネクト(100MB 帯域確保)」、店舗側は「光アクセスS(100MB ベストエフォート)」による基幹系システムの運用となり回線品質が大幅に安定しました。一方で情報系システムのアクセス回線には「フレッツ光ネクストファミリー」を選択してコストを抑えています。基幹系のアクセス回線は冗長構成としたことで障害発生時でも継続してネットワークを運用できます。

またグローバルスタンダードなルータ製品に機種統一することで保守性の向上や障害時の切り分けを迅速化したほか、店舗側の情報系ネットワークはルータレスを採用することで機器の障害対応を不要とするなど運用負荷を低減しています。

基幹系と情報系のセグメントを分けてネットワークの安定化を図りつつ、冗長化とコスト削減を両立したシンプルなネットワークを実現しました。

お客さまの声

株式会社オオゼキ情報システム室室長 鈴木弘氏

ポイントカード「OZ カード」は当社の根幹を成すサービスなので、ネットワークの改修に当たっては安定性を確保できる閉域ネットワークを強く望んでいました。「SmartVPN」は品質とコストのバランスが最もよく、2つのセグメントを維持した構成にも柔軟に対応してもらえたのでソフトバンクを選択しました。ランニングコストは月額約25%も削減できたうえ、ほぼトラブルなく運用できており「SmartVPN」を選んでよかったと実感しています。現在、オンプレミスで運用してきた基幹システムの データセンター移行を行っていますが、引き続き「SmartVPN」で運用できるようデータセンターと接続するゲートウェイを構築することにしました。

株式会社オオゼキ情報システム室 横田兼一氏

6年前のPOSシステム改修で、それまで店舗内でほぼ完結していたデータ処理がすべて本部サーバに集約されるようになり、PC から利用する基幹系システムも含めて、ネットワークの重要性が格段に上がりました。帯域不足はそれほど深刻ではなく、基幹系システムで利用していたインターネットVPNに起因するネットワークの不安定さが大きな課題でした。以前は、複雑なネットワーク構造のためネットワークトラブルの原因究明に時間がかかるなど、不満を感じていました。「SmartVPN」の導入で店舗側の基幹系メイン回線は光・ADSLを使用した冗長構成とすることで安定した運用を実現でき、ネットワーク監視サービスにも満足しています。

導入企業情報

株式会社オオゼキ

会社名:株式会社オオゼキ
本社:東京都世田谷区北沢2-9-5
設立:1957年2月
URL:http://www.ozeki-net.co.jp/
従業員数:正社員1,474名、パート1,954名(2015年4月現在)

  • 記載内容は2016年7月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例

    事例 株式会社オオゼキ様 SmartVPN

    複数ベンダで構築していたネットワークを「SmartVPN」に統合することで月額コストを25%削減し回線品質も向上