導入事例

株式会社購買戦略研究所 様

業務の中で自然に情報が蓄積されるファイルサーバ不要の情報管理スキームを確立
課題 コミュニケーション活性化
業種 サービス
規模 101人~500人
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    長期契約の顧客が増え、過去のメールを確認する機会が増加。しかし、従来の環境ではメールボックスの容量が小さく、大量のメールを長期保存するのは困難でした。

    効果

    「Google Apps for Work™」のメールボックスは1人当たり25GB。
    容量制限を気にせず、メールや添付ファイルの長期間保存が可能です。業務の中で自然に情報を蓄積し、素早く検索できることから、ファイルサーバは不要とすら感じています。

  • 課題

    調達先の情報など、全社で共有すべきナレッジをより効率的に管理したいと考えていました。

    効果

    「Google サイト」を活用して社内ポータル「ミントラ」を構築。ここにあらゆる情報を集約することで、スムーズなナレッジ共有を実現しています。スキルの平準化につながるほか、全社のサービス品質の向上にも大いに貢献しています。

  • 課題

    出張などの申請・承認作業は紙ベースで行っていたため、時間がかかるほか、担当者が不在だと決裁が進まず、業務を停滞させていました。

    効果

    オプションサービス「rakumoワークフロー」を採用し、申請・承認フローの電子化を実現。業務のスピードが向上したうえ、社内業務の進捗を見える化できるようになりました。

購買業務の総合アウトソーシングサービスを提供する株式会社購買戦略研究所(以下、購買戦略研究所)。同社は、業務改革を目的にメールとワークフローの見直しに着手しました。その基盤に採用したのが「Google Apps for Work™」です。「検索」に強みを持つ点やクラウドサービスである点を活かし、「Gmail 」「Googleドキュメント」「Googleサイト」を中核に据えた情報管理・活用の仕組みを構築。さらに、決裁の電子化を実現し、業務ノウハウの蓄積・活用、スピードアップを実現しています。

  • 2016年9月29日付で Google 社によるブランド変更が実施されました。一部旧名称が記載されており、新名称へお読み替えくださいますようお願い申し上げます。

導入企業情報

株式会社購買戦略研究所 様
株式会社購買戦略研究所
本社 東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル7F
設立 2005年5月
URL http://www.psic.jp/
従業員数 130名(2012年4月1日現在)
導入サービス

※記載内容は2012年6月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ

  • Webでお問い合わせ

    新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

  • 資料ダウンロード

    サービスパンフレットのダウンロード

  • 電話でお問い合わせ

    ソフトバンク Google 法人サポートセンター 0800-919-0191 受付時間 / 平日10:00〜17:00