サツドラホールディングス株式会社 様

ネットワークの不安定さを「SmartVPN」が解決。安定性の向上によりトラブル発生件数が約80%減少

業種:流通

規模:1,001人~5,000人

導入サービス:SmartVPN

お問い合わせフォーム

北海道を中心にドラッグストアや調剤薬局を約200店舗運営するサツドラホールディングス株式会社のグループ企業である株式会社サッポロドラッグストアー(以下、サッポロドラッグストアー)は、POSシステムなどの各種システムと本社や店舗間の接続を閉域ネットワークサービス「SmartVPN」に切り替えました。従来は通信量の増加によるインターネットVPNの不安定さが大きな課題となっていましたが、「SmartVPN」への切り替えで安定的な通信を実現し、トラブルの発生件数が約80%減少しました。ネットワークの切り替えと同時にソフトバンクの「ネットワーク監視」を導入し、通信機器も24時間365日監視できるようになりました。それにより障害時の迅速な対応が可能になりました。ほかにも、他社のクラウドサービスで運用していた店舗系のシステムをソフトバンクのデータセンターへ移設するなどネットワークおよびシステム周りの一元的な管理を実現しています。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    通信量が増加したことでインターネットVPNの通信が不安定になり輻輳(ふくそう)などのトラブルが深刻な問題になっていました。

  2. 効果

    「SmartVPN」への切り替えで通信の安定性が向上し、トラブルの発生率が約80%減少しました。

  1. 課題.2

    約200店舗を結ぶネットワークや通信機器を一元的に管理したいと考えていました。

  2. 効果

    ネットワークや通信機器はソフトバンクの「ネットワーク監視」で一元的な管理が可能になりました。

サッポロドラッグストアーでは、基幹システムやPOSシステムなどを本社、店舗と通信する際、インターネットVPNで構成されたネットワークを採用していました。しかし、セキュリティ面に懸念があったことや、通信量の増加でネットワークの輻輳(ふくそう)による遅延が発生し、店舗運営に影響を与える深刻な問題になっていました。また、従来のインターネットVPNでは各店舗で発生する障害をタイムリーに把握できず対応が遅れることがあり、店舗全体のネットワークを一元的に管理する方法を模索していました。
ほかにも、本州にある既存クラウドシステムとの接続は物理的な距離の問題で遅延が発生しやすく、次期ネットワークには北海道内で完結できる構成を求めていました。
そこで、本社を含む店舗と各種システムをつなぐネットワークを「SmartVPN」に切り替え、アクセス回線は通信量に合わせて「ファイバーコネクト」やNTT東日本およびNTT西日本が提供する「フレッツ」サービスを導入、バックアップ回線にはモバイルアクセスを選択するなどネットワーク構成全体の大幅な見直しを行いました。本州にあった一部のクラウドシステムは、ソフトバンクが提供する札幌市内のデータセンターへ移設したことで、北海道内で完結できるネットワーク構成を実現しました。
その結果、「SmartVPN」で安定的な通信を実現し、輻輳(ふくそう)などによる障害の発生件数は約80%減少しました。さらに、回線を閉域接続にして新たに次世代ファイアウォールを導入したことで、よりセキュリティを強固なものにしました。
ネットワークや通信機器の運用についてはアウトソースしたいと考えていたため、ソフトバンクの「ネットワーク監視」を導入しました。それにより、ネットワークの監視に限らずファイアウォールを含む通信機器も24時間365日監視が可能になりました。障害時は担当者へ内容の詳細を知らせるアラートが届くようになり、発見と対応を早められるようになりました。

お客さまの声

株式会社サッポロドラッグストアー業務システム部ゼネラルマネジャー西 誠一郎 氏

事業の拡大にあたり将来的には全国展開の可能性も考え、全国同一のサービスを提供できることも要件の一つでした。ソフトバンクであれば、全国で同一レベルのサービス提供が可能ですし、今後サービスの拡張性にも期待できると感じています。営業やSEの状況把握力や提案力も優れており、今後も安心して任せられると期待を寄せています。弊社では近年「働き方改革」に注力しており、既に一部で「ホワイトクラウドインターネットVPNアクセス」を導入し、テレワークができる環境を整えています。今後はその環境を会社全体に広げられるようにソフトバンクとともに進めていきます。

株式会社サッポロドラッグストアー業務システム部IT 基盤担当成澤 公彦 氏

本来は数年かけてネットワークの見直しを行う予定でしたが、ネットワークの輻輳(ふくそう)や遅延が深刻な問題となったため急遽数ヵ月で切り替えを完了させました。通信の安定性向上やネットワークおよび機器の集中管理が主な改善要望でしたが、除雪車が以前バックアップ用の回線を切断してしまったことがあり、バックアップにはモバイル回線を採用したいという思いもありました。ネットワークの切り替えにあたり、十数社にお声がけしましたが、それらの条件をすべて満たしたのがソフトバンクでした。切り替え後はネットワークも安定稼働していますし、以前より導入していた電話会議システムなどもよりスムーズにつながり、「働き方改革」を支えるインフラ基盤が整いました。

株式会社サッポロドラッグストアー業務システム部IT 基盤担当杉村 敏行 氏

インターネットVPNを活用していた頃は、店舗や本社からの接続先が増える度に、約200店舗あるゲートウェイの設定変更が発生していました。その作業は4名体制で数日かかっていましたが、「SmartVPN」に切り替えてからは、ゲートウェイ側で一括設定が可能になり、手間が軽減されました。また、障害時の対応も大きく変わりました。以前は店舗でのトラブルは報告がない限り一切把握できず、どうしても初動が遅れることがありましたが、「ネットワーク監視」の導入で、障害時は即時に業務システム部へアラートが上がるようになりました。通知には障害内容の詳細も記載されているため、タイムリーな対応が可能になり助かっています。

導入企業情報

ケイコン株式会社

会社名:サツドラホールディングス株式会社
本社:北海道札幌市北区太平3条1丁目2番18号
設立:2016年8月16日
URL:https://satudora-hd.co.jp/
従業員数:2,314名(うち、パート社員及びアルバイト1,530名※1日8時間換算)
(2017年5月15日現在)

  • パンフレット記載内容は、2018年2月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例

    事例 サツドラホールディングス株式会社 SmartVPN

    サツドラホールディングス株式会社 様では、ネットワークの不安定さを「SmartVPN」が解決。安定性の向上によりトラブル発生件数が約80%減少