株式会社 竹中土木 様

ネットワークの遅延解消と二重化を目的に「SmartVPN」を導入。ネットワーク品質向上に加え、モバイル接続の利便性も向上

業種:建設

規模:501人~1,000人

導入サービス:SmartVPN

お問い合わせフォーム

竹中工務店グループの一員として土木分野を中心に、地域・都市・海洋開発や環境整備事業など幅広く手掛ける株式会社竹中土木(以下、竹中土木)は、グループ全体で推進している「竹中スマートワーク」の一環として2016年に半数以上の従業員へタブレット端末を配布し、働き方改革に取り組んでいます。同社は土木事業に必要な図面や書類、CADデータなど容量の大きいデータを常時取り扱うため、既存ネットワークからファイルサーバへのアクセスは速度低下が発生していました。この課題解消とともに接続回線二重化を期してネットワーク改修を行いました。ソフトバンクの閉域ネットワーク「SmartVPN」を選択したのは、タブレット端末をソフトバンクから導入していたため「SmartVPN」へシームレスに接続できたこと、さらにネットワーク品質を向上させつつ全体コストを最適化する提案が他社より優れていたからでした。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    容量の大きいデータを利用していたためネットワークのアクセス速度が低下していました。

  2. 効果

    「SmartVPN」導入によりファイルサーバへのアクセス速度が大幅に改善しました。

  1. 課題.2

    大量導入したタブレット端末などの多様なデバイスからスムーズに接続できるネットワークを求めていました。

  2. 効果

    ソフトバンクのSIMを搭載したデバイスからダイレクトに「SmartVPN」へアクセスできる利便性を獲得しました。

竹中土木では、2004年よりIP-VPNをWANに、NTT東日本およびNTT西日本が提供する「フレッツ」サービスをアクセス回線に利用したネットワークを利用してきました。しかし2015年ごろになると、容量の大きい図面やCADデータなどを格納しているファイルサーバへのアクセス速度が低下する課題が表面化、アクセス回線を二重化していないことも業務継続性にとって不安材料でした。ネットワーク切り替えには情報システム部門の作業負荷やユーザに利用制限を強いるなど、業務に与える影響が大きく今まで避けてきましたが、各支店や現場など常時約150拠点からのアクセスに耐えうるネットワークを構築すべく、2016年ネットワークの増速とバックアップ回線追加の改修を実施しました。
当初は既存ベンダに発注する予定だったといいますが、同じ時期にソフトバンクからSIMモデルのタブレット端末を導入していたので、あわせてネットワーク改修の提案を求めました。ソフトバンクが提案した閉域ネットワーク「SmartVPN」を利用すると、タブレット端末のモバイルネットワークから「SmartVPN」への接続の際に特別なログイン操作が不要になります。この同一キャリアが提供するネットワークならではの利便性により、ユーザはタブレット端末からシームレスに業務システムのポータルサイトへ接続できます。
また半年から1年程度の周期で設置と撤収を繰り返す作業所については、「SmartVPN」のオプションサービスであるルータレスを採用することで、ネットワーク機器の管理コストを削減できました。以前は作業所に設置するルータを情報システム部門が調達し、コスト削減のために自社で初期設定を実施して作業所に送付していました。こうした作業は週に1~2回発生したといい、情報システム部門の負荷となっていました。懸念材料だったネットワーク移行に伴う利用制限についても、ソフトバンクは専任の担当者を付け、あらかじめ用意した切替用ハブ拠点を通して既存ネットワークとの平行稼働期間をつくり、断時間を最小限にとどめる移行を実施しました。
新しいネットワークに切り替わった後は、遅延の著しかったファイルサーバへの接続は「ローカルのCドライブにアクセスするのと同等」という評価を得るほど劇的な速度改善が実現しました。

お客さまの声

株式会社竹中土木管理本部情報システム部長松田美孝 氏

今回のネットワーク切り替えでは複数社から提案をもらったのですが、ソフトバンクの担当SEは最も技術レベルが高かったのが印象的でした。専門知識が豊富なだけでなく、当社がコストメリットを得られるような提案もしてもらえました。タブレット端末のモバイルアクセスに加え、PC用データカードも他社からソフトバンクに切り替えて同一キャリアで統一したことはコストメリットを生みました。モバイル機器からスムーズに社内ポータルサイトへアクセスできる体制が整ったことは、グループ全体で進めているスマートワークのICT基盤強化策として大きな意味があります。こうしたネットワーク品質の向上を実現した結果、トータルコストは10%以上も削減できました。
「SmartVPN」に付随するカスタマーポータル「SmartVPN Web」のモニタリング機能を使ってネットワークトラフィックの状況を確認したところ、繁忙期と通常期でトラフィックが大きく変動していることを確認できました。従来こうしたレポートを取得するにはコストが発生するので、これまでトラフィックのモニタリングは行っていなかったのですが、「SmartVPN Web」によって今回初めて季節的な変動幅の大きさを認識できました。ちょうど同じタイミングでソフトバンクからリリースされた新しいネットワークサービス「Ondemand Ether」を紹介され、アクセス回線帯域の増減速へ柔軟に対応できると知り、今後予定しているデータセンター変更時に採用を検討しています。

導入企業情報

株式会社熊谷組

会社名:株式会社 竹中土木
本社:東京都江東区新砂一丁目1番1号
設立:1941年6月25日
URL:https://www.takenaka-doboku.co.jp/
従業員数:912名

  • パンフレット記載内容は、2018年1月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例

    事例 株式会社竹中土木様 SmartVPN

    株式会社竹中土木様では、ネットワークの遅延解消と二重化を目的に「SmartVPN」を導入。ネットワーク品質向上に加え、モバイル接続の利便性も向上