導入事例

株式会社竹中土木 様

ネットワークの遅延解消と二重化を目的に「SmartVPN」を導入。ネットワーク品質向上に加え、モバイル接続の利便性も向上。
課題 ネットワーク・サーバ構築、最適化
業種 建設
規模 501人~1,000人
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    容量の大きいデータを利用していたためネットワークのアクセス速度が低下していました。

    効果

    「SmartVPN」導入によりファイルサーバへのアクセス速度が大幅に改善しました。

  • 課題

    大量導入したタブレット端末などの多様なデバイスからスムーズに接続できるネットワークを求めていました。

    効果

    ソフトバンクのSIMを搭載したデバイスからダイレクトに「SmartVPN」へアクセスできる利便性を獲得しました。

竹中工務店グループの一員として土木分野を中心に、地域・都市・海洋開発や環境整備事業など幅広く手掛ける株式会社竹中土木(以下、竹中土木)は、グループ全体で推進している「竹中スマートワーク」の一環として2016年に半数以上の従業員へタブレット端末を配布し、働き方改革に取り組んでいます。同社は土木事業に必要な図面や書類、CADデータなど容量の大きいデータを常時取り扱うため、既存ネットワークからファイルサーバへのアクセスは速度低下が発生していました。この課題解消とともに接続回線二重化を期してネットワーク改修を行いました。ソフトバンクの閉域ネットワーク「SmartVPN」を選択したのは、タブレット端末をソフトバンクから導入していたため「SmartVPN」へシームレスに接続できたこと、さらにネットワーク品質を向上させつつ全体コストを最適化する提案が他社より優れていたからでした。

導入企業情報

株式会社竹中土木 様
株式会社竹中土木
本社 東京都江東区新砂一丁目1番1号
設立 1941年6月25日
URL https://www.takenaka-doboku.co.jp/
従業員数 912名
導入サービス

※記載内容は2018年1月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ