株式会社ヴィンクス様

日系企業のアジア拠点と国内データセンターを結ぶ国際ネットワークを「グローバル IP-VPN」で構築しICT業務のアウトソーシング事業を展開

業種:情報通信

規模:1,001人~5,000人

導入サービス:グローバルIP-VPN

お問い合わせフォーム

流通業界向けシステムの企画から運用までを一貫して手掛ける株式会社ヴィンクス(以下、ヴィンクス)は、顧客企業の中国、ASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国への進出に合わせ、2009年中国浙江省に合弁会社を設立しました。さらにマレーシア、ベトナムなどASEAN加盟国に現地法人を設立し、オフショア開発や現地での機器調達からシステム導入、保守、運用などのサービスを提供しています。海外の小売店舗などで運用する同社のシステムは、ソフトバンクの国際ネットワーク「グローバル IP-VPN」を経由して日本国内および現地のデータセンターに接続され、顧客企業の基幹システムへ連携しています。「グローバル IP-VPN」の安定した回線品質やマルチキャリアに対応した多様なアクセス回線、帯域変更の柔軟性が成長著しいヴィンクスのグローバル事業におけるICT基盤を支えています。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    アジア諸国と国内を結ぶ安定した国際ネットワーク基盤を必要としていました。

  2. 効果

    「グローバル IP-VPN」の導入によりネットワーク品質が向上し安定性や可用性も獲得できました。

  1. 課題.2

    グローバル事業の拡大に向けて、ビジネスパートナーを求めていました。

  2. 効果

    ソフトバンクとの協業によるコネクションの拡大やソリューション提案といったビジネスチャンスが広がりました。

ヴィンクスが中国浙江省に合弁会社を設立し海外での事業展開に踏み出したのは2009年。人件費を抑制できるオフショアによる開発や運用の拠点を構築するとともに、同社の営業拠点としても活動を開始しました。オフショア環境では機密データの流出を防ぐため日本国内のデータセンターにシンクライアントで接続する環境を用意したのですが、当時利用していた国際ネットワークの安定性に課題があり、リアルタイム性が求められるシンクライアント環境を継続運用するのが困難になりました。
国際ネットワークの代替サービスを検討していた2011年、ヴィンクスが入居するオフィスビルで共同利用していた日中間の国際ネットワークをソフトバンクが提供することになり、回線品質や帯域変更の柔軟性を評価してソフトバンクの「グローバル IP-VPN」を採用しました。その結果、シンクライアントの動作が安定するなど回線品質の信頼性を確認でき、その後マレーシア、ベトナム、カンボジアに拠点を追加する際に引き続き「グローバル IP-VPN」を国際ネットワークのバックボーンとして採用しました。
同社では、顧客からアウトソーシングされたシステムに対して24時間365日監視するサービスを提供しています。監視センターは日本国内と中国の杭州市で運用することにより、きめ細かな対応とコスト抑制を両立していますが、「グローバル IP-VPN」を採用したことでこれまで大きな通信障害を起こさず安定したサービス提供を実現しています。
2017年12月、中国の上海にあるデータセンターで運用していたネットワーク機器が老朽化したため、保守性の向上や将来の拡張性を見据えネットワーク機器を上海のソフトバンクデータセンターに移設し、「グローバル IP-VPN」のオプションサービスを採用したことで、耐障害性および、中国内での拡張性の向上を実現しました。

安定したネットワーク回線によりシンクライアント環境も最適化

お客さまの声

株式会社ヴィンクス アウトソーシング事業部 副本部長 兼 部長 小菅 博樹 氏

ソフトバンクとは、これまで通信キャリアとユーザという関係でしたが、今後は互いの強みを生かして顧客開拓するビジネスパートナーの関係に発展させていければと考えています。例えば中国国内でのネットワーク敷設にはライセンスが必要で、ソフトバンクは中国資本のパートナーと協業することになります。しかし、当社の関連会社は既にライセンスを保持しており、当社のシステムとソフトバンクのネットワークをセットにしたソリューション提案を行えば、中国のパートナー企業を新たに見つける手間を省けます。また当社にとってもソフトバンクの幅広い顧客へのアプローチが可能になり、双方にメリットが生まれます。
ソフトバンクの強みであるネットワークインフラやクラウドサービスの上に、当社のコアビジネスであるシステム構築や運用保守サービスを組み合わせたソリューション販売で、これからも日系企業のアジア進出を強力にサポートしていければと願っています。

維傑思科技(杭州)有限公司 (Vinx China Co., Ltd.) Business Director Infrastructure Director 宮島 督英 氏

ヴィンクスの中国法人である「Vinx China」にとっても、今回の「中国データセンターマネージドサービス」へのネットワーク機器移設により、自社で機器を保守管理する必要がなくなり、保守管理体制を強化できました。また、中国の国内ネットワークは2大キャリアがメジャーであり、そのうち一方しか対応していないデータセンターも多いのですが、「グローバル IP-VPN」はマルチキャリア対応なので、接続を一拠点で実現できており、ここをネットワークの中継点として、中国国内のビジネスチャンスを拡大できると考えています。
移設が具体化したのは2017年8月中旬ですが、12月は多くの中国企業が年度末を迎え、さらに2月の旧正月に向けて小売業の繁忙期となる中、どうしても11月中には移設を完了させる必要がありました。かなり厳しい納期でしたが、ソフトバンクの迅速な対応により無事納期内に完了できました。

導入企業情報

株式会社ヴィンクス

会社名:株式会社ヴィンクス
本社:大阪市北区堂島浜2-2-8東洋紡ビル
設立:1991年2月20日
URL:http://www.vinx.co.jp/
従業員数:1,298名(連結)

  • パンフレット記載内容は、2017年12月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例

    事例 株式会社ヴィンクス様 グローバルIP-VPN

    株式会社桧家ホールディングス様では、日系企業のアジア拠点と国内データセンターを結ぶ国際ネットワークを「グローバルIP-VPN」で構築しICT業務のアウトソーシング事業を展開