1. ホーム
  2. 法人のお客さま
  3. 導入事例
  4. 横浜個人タクシー協同組合 様

導入事例

横浜個人タクシー協同組合 様

IP無線機「SoftBank 201SJ」を550台導入。通信エリア拡大・音声品質向上で、広域をカバーした迅速な配車を実現。
課題 働き方改革(業務効率化、生産性向上、営業力向上)
業種 運輸・物流
規模 101~500人
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    従来利用していたMCA無線は電波感度が低く、ドライバーと配車を手配するオペレータとの連絡時に通信が途切れることがあり、内容を聞き取れず何度も連絡を取り直す必要がありました。

    効果

    ソフトバンクのIP無線機を導入したことで連絡時に通信が途切れることがなくなり、連絡を取り直す頻度が20%ほど削減できました。

  • 課題

    横浜市から離れた横須賀市や三浦市など遠方のエリアを運転するドライバーに連絡がとれないことがありました。

    効果

    ソフトバンクのIP無線機の電波はソフトバンクモバイルの通信網を利用しているので全国をカバーしており、横浜市から離れたエリアを走るドライバーにも配車の連絡が取れるようになりました。

  • 課題

    従来は1km走行するごとにMCA無線から位置情報を本部へ配信する仕組みでしたが、電波が届かない場所が多く正確な位置情報の把握が困難でした。

    効果

    20~30秒ごとにIP無線機から位置情報を送信するので本部がタクシーの位置をリアルタイムに把握できないとう問題が解消されました。またタクシーの位置情報が正確に把握できるようになり効率的な配車を実現しました。

横浜エリアを中心にサービスを展開し、所属する個人タクシーは550台を超える横浜個人タクシー協同組合。個人タクシーの組合としては神奈川県内最大規模を誇る台数により日々の配車業務を手がけています。これまではMCA無線を利用していましたが、より通信エリアが広く高品質な無線を求めて、ソフトバンクのモバイル通信網を利用したIP無線機「SoftBank 201SJ」に切り替えました。IP無線機を導入したことでドライバーと通信できるエリアが拡大し、電波感度も向上。ドライバーと配車の手配を行うオペレータとの連携が従来よりもスムーズかつスピーディになりました。

導入企業情報

横浜個人タクシー協同組合 様
横浜個人タクシー協同組合
本社 神奈川県横浜市南区南太田4-4-10
設立 1961年11月30日
URL http://www.yokohama-kojintaxi.or.jp/
事業者数 811名
導入サービス

※記載内容は2015年4月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ