よくあるご質問
ダイレクトアクセス for Microsoft Azure

お問い合わせフォーム

サービス内容

Q. 自社の拠点と閉域網はどのように接続すればよいですか。
A.

ご利用中の閉域網サービスに対応した任意のアクセス回線サービスを別途お申し込みください。
なお、閉域網サービスの種別によっては、インターコネクトサービスのお申し込みが必要です。

Q. 1つの「ダイレクトアクセス for Microsoft Azure」(ExpressRoute)に、複数の「VNet(Azure上の仮想プライベートネットワーク)」を接続することはできますか。
A.

可能です。それらはお互いにルーティングされます。

Q. 「VNet(Azure上の仮想プライベートネットワーク)」を、Azureの東日本リージョンに作成しても、西日本リージョンに作成しても「ダイレクトアクセス for Microsoft Azure」(ExpressRoute)につなぐことが可能ですか。
A.

可能です。なお、日本以外のリージョン上に作成したVNetについても、ExpressRouteをPremiumアドオンにすることで可能です。

  • ExpressRouteをPremiumアドオンにてご利用の場合、必ず事前に弊社担当者までご相談ください。
Q. 「ULTINA Wide Ethernet」や「ULTINA Managed Ether」などのL2ネットワークからも利用可能ですか。
A.

各種インターコネクトサービスにより、「SmartVPN」または「ULTINA IP-VPN」と接続可能な閉域網サービスでしたら、インターコネクトを経由してご利用できます。

Q. ネットワークの状態を確認する事はできますか。
A.

ネットワークインフォメーションというサービス(無料)で、ご確認が可能です。
詳細はソフトバンク営業担当までお問い合わせください。

Q. Office 365 接続に必要なものは何ですか。
A.

「ダイレクトアクセス for Microsoft Azure」回線契約に、「Office 365接続オプション」を追加してお申し込みください。Office 365との接続には、パブリックAS上でIRRに登録されたグローバルIPアドレスからNATを介して接続するといった要件がございます。
このオプションは、それら接続要件に必要な機能を、お客様が必要なOffice 365への同時接続キャパシティ単位でご提供いたします。
「Office 365接続オプション」の追加により、お客様のExpressRouteにMicrosoft Peeringが追加され、Microsoft Peeringにより接続がサポートされる各種サービス(Office 365、Skype for Business、Dynamics CRM Online)へのExpressRouteによるアクセスが可能となります。

Q. Skype for Business 接続に必要なものは何ですか。
A.

「ダイレクトアクセス for Microsoft Azure」回線契約に、「Office 365接続オプション」を追加してお申し込みください。Skype for Businessとの接続には、パブリックAS上でIRRに登録されたグローバルIPアドレスからNATを介して接続するといった要件がございます。
このオプションは、それら接続要件に必要な機能を、お客様が必要なSkype for Businessへの同時接続キャパシティ単位でご提供いたします。
「Office 365接続オプション」の追加により、お客様のExpressRouteにMicrosoft Peeringが追加され、Microsoft Peeringにより接続がサポートされる各種サービス(Office 365、Skype for Business、Dynamics CRM Online)へのExpressRouteによるアクセスが可能となります。

Q. Dynamics CRM Online 接続に必要なものは何ですか。
A.

「ダイレクトアクセス for Microsoft Azure」回線契約に、「Office 365接続オプション」を追加してお申し込みください。Dynamics CRM Onlineとの接続には、パブリックAS上でIRRに登録されたグローバルIPアドレスからNATを介して接続するといった要件がございます。
このオプションは、それら接続要件に必要な機能を、お客様が必要なDynamics CRM Onlineへの同時接続キャパシティ単位でご提供いたします。
「Office 365接続オプション」の追加により、お客様のExpressRouteにMicrosoft Peeringが追加され、Microsoft Peeringにより接続がサポートされる各種サービス(Office 365、Skype for Business、Dynamics CRM Online)へのExpressRouteによるアクセスが可能となります。

契約

Q. 最低利用期間はありますか。
A.

ありません。違約金もかかりません。

Q. 「Microsoft Azure」についても提供範囲に含まれますか。
A.

「Microsoft Azure」については、お客様にて別途ご契約が必要です。
以下のソフトバンクグループ会社で、ご利用ライセンスの取り扱いをしておりますのでお気軽にご相談ください。

Q. 「Office 365」についても提供範囲に含まれますか。
A.

「Office 365」については、お客様にて別途ご契約が必要です。
「Office 365」のご導入については下記をご参照ください。

Q. 月額料金はどのように請求されますか。
A.

弊社からの請求となるのは、回線帯域ごとに定められた「ダイレクトアクセス for Microsoft Azure」月額料金のみとなります。
別途、「Microsoft Azure」のサービスとして「ExpressRoute」のお申し込みと、その料金のお支払いが必要となります。
こちらはMicrosoftより「Microsoft Azure」の料金として請求されます。

その他

Q. 「ダイレクトアクセス for Microsoft Azure」の利用に当たり、ユーザ側で必要な作業は何ですか。
A.

「ExpressRoute」のサービスキーの取得、および、設定が必要となります。
Azure PortalおよびPowerShellを用いたオンラインでの設定操作となります。

Q. 「ダイレクトアクセス for Microsoft Azure」の開通納期はどのくらいですか。
A.

お申込書を提出いただいた後、約3週間で開通いたします。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

サービスパンフレットのダウンロード

資料ダウンロードフォーム

ダイレクトアクセス for Microsoft Azure

ダイレクトアクセス for Microsoft Azureのカテゴリ

法人サービス > クラウド > クラウドアクセス > ダイレクトアクセス for Microsoft Azure > よくあるご質問

関連導入事例

    あわせてよく検討されるサービス

    • SmartVPN
      VPN設計を簡略化し、お客様のニーズに応じた柔軟な構成を実現。クラウドサービスとシームレスに接続可能です。

    • IP-VPN
      専用線に匹敵する高度なセキュリティを低コストで実現、高い信頼性と豊富なオプションサービス、多彩なアクセス手段を備えた閉域網(IP-VPN)サービスです。

    • IaaS
      ハードウェアやネットワークなどの基盤を、インターネットや閉域ネットワークを経由して利用できるIaaS(Infrastructure as a Service)です。

    クラウド関連情報

    よくあるご質問 ダイレクトアクセス for Microsoft Azure クラウド ソフトバンク

    ダイレクトアクセス for Microsoft Azureのよくあるご質問についてご紹介しています。