Chapter3 Labsを利用してより便利に

よくあるご質問

Labsとは?

「実験室でまだ実験中のツール」というのがLabsのイメージです。
大きな特長として「実験のフェーズを経て G Suite 標準のツールになるものと、無くなってしまう可能性があるものに分かれる」ということが挙げられます。

Labsを使うことで、なにが変わる?

G Suite には、現在30以上のLabsがあります。(2015年2月現在)。自分に合ったLabsを選び設定することで、自分仕様の Gmail や Google カレンダーにすることができます。メールや Google カレンダーは業務に密着したものです。便利な Labs、気に入った Labs を選択し、今以上に業務を効率化していきましょう。

  • Labs機能を有効にしているときに問題発生した場合は、http://mail.google.com/mail/labs=0 にアクセスしてLabs機能を一時的に無効にし、アカウントを通常の状態に戻してください。

Labsの設定方法について

LabsはOn/Offを自由に変えることができます。

  1. Gmail (または Google カレンダー画面)右上の歯車アイコンをクリックし設定を開きます。
  2. Labsタブを選択します。
  3. 自分が試したいLabsをすべて有効にします。
    • 設定を解除したい場合は「無効にする」を選択します。
  4. 変更を保存ボタンをクリックします。
    • Labsによっては、さらに細かい設定ができるものもあります。

使うと便利!おススメの Gmail Labs をご紹介

1.送信取り消し

送信取り消し

間違って[送信]ボタンを押してしまったことはありませんか?
[送信]をクリックしてから数秒以内なら、メールの送信をキャンセルすることができます。

  • 「全般」タブから5、10、20、30秒のいずれかで取り消し可能な時間を設定できます。

2.別スタイルの署名

別スタイルの署名

返信メールの元のメッセージの前に署名を入れます。
署名の前に挿入されていた「--」は表示されません。

3.返信定型文

返信定型文

よく使う文面を保存しておくと、作成フォームの横にあるボタンひとつで送信できます。
定型文として署名を作成することで、複数の署名を使い分けることもできます。

4.画像の挿入

画像の挿入

メールの本文に画像を挿入できます。

  • Excelグラフを本文に挿入したい場合は、一度Wordかペイントにコピー&ペーストしたものを再度コピーし、本文の挿入したい箇所にペーストしてください。

5.プレビューパネル

プレビューパネル

メール内容のプレビュー画面を表示します。
「 垂直分割」「平行分割」を変更することで、メール一覧の横や下にメール本文を表示することができます。

6.マルチ受信トレイ

マルチ受信トレイ

お好きなメールグループを受信トレイ上に並べて一覧表示します。
このLabsを有効にすると[設定]に[マルチ受信トレイ]タブが表示されるため、検索キーワードに各種ラベル、スター付きのメール、未読などの検索条件を追加します。おすすめは検索キーワードのパネル0を「to:me」にすることです。

お問い合わせ

  • お問い合わせ

    新規導入をご検討中のお客さま

  • 資料ダウンロード

    新規導入をご検討中のお客さま

  • ご利用中のお客さま

    ご利用中のお客さま専用のお問い合わせフォームや、よくあるご質問はこちら

  • 電話でお問い合わせ

    ソフトバンク Google 法人サポートセンター 0800-919-0191 受付時間 / 平日10:00〜17:00