仮想マシンを設定変更する

各種OSの対応デバイス・機能

公開カタログで提供しているOSの対応デバイス・機能について記載します(2017年3月31日時点)。

edit
補足

その他のOSの対応デバイスについては、以下のWebサイトを参照してください。
http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php

ネットワークアダプタタイプ
OSバージョン&エディション VMXNET3 VMXNET2 VMXNET E1000 E1000E
Windows 2008 Std 32bit × ×
Windows 2008 Std 64bit × ×
Windows 2008 Std R2 × ×
Windows 2008 Ent 32bit × ×
Windows 2008 Ent 64bit × ×
Windows 2008 Ent R2 × ×
Winodws 2012 Std × × ×
Winodws 2012 Std R2 × × ×
Windows 2016 Std × × ×
RedHat Enterprise Linux 6 × × ×
RedHat Enterprise Linux 7 × ×

◎:推奨、○:対応、×:非対応

バスタイプ
OSバージョン&エディション BusLogic
パラレル
LSILogic
パラレル
LSILogic
SAS
Paravirtual SATA IDE
Windows 2008 Std 32bit ×
Windows 2008 Std 64bit ×
Windows 2008 Std R2 ×
Windows 2008 Ent 32bit ×
Windows 2008 Ent 64bit ×
Windows 2008 Ent R2 ×
Winodws 2012 Std ×
Winodws 2012 Std R2 × ×
Windows 2016 Std × ×
RedHat Enterprise Linux 6 ×
RedHat Enterprise Linux 7 ×

◎:推奨、○:対応、×:非対応

ホットアド
OSバージョン&エディション 仮想CPU 仮想メモリ
Windows 2008 Std 32bit ×
Windows 2008 Std 64bit ×
Windows 2008 Std R2 ×
Windows 2008 Ent 32bit ×
Windows 2008 Ent 64bit
Windows 2008 Ent R2
Winodws 2012 Std
Winodws 2012 Std R2
Windows 2016 Std
RedHat Enterprise Linux 6
RedHat Enterprise Linux 7

○:対応、×:非対応