Acronis Cyber Backup powered by ASPIRE

Acronis Backup Agentをインストールする

Acronis Cyber Backup powered by ASPIRE を利用するには、バックアップ対象のサーバに Acronis Backup Agent(以下、エージェント) をインストールする必要があります。
エージェントのインストールは、以下のどちらかの方法で実行可能です。

     
  • Acronis Backup Management Server の Webインターフェイスを利用した、エージェントのリモートインストール (Windowsのみ)
  • Agentインストーラーを利用した、対象サーバのローカルでのエージェントインストール (Windows/Linux)

ここでは、Acronis Backup Management Server からのエージェントのリモートインストール手順を説明します。

edit
補足

ローカルでのエージェントインストール方法は、下記Acronis Backup Webヘルプサイトをご確認下さい。
Acronis Backup 12.5 Webヘルプ「エージェントをローカルでインストールする

Webインターフェイスを使用したエージェントのインストールとデバイスの追加
  1. バックアップ管理サーバにログインします。

  2. スタートメニューから「Acronis Backup」を選択・起動します。

  3. Webブラウザが立ち上がり、Acronis Backup Management Server のログイン画面が開きます。

    「現在のWindowsユーザーとしてサインイン」が表示されていることを確認し、「サインイン」をクリックします。

  4. 左ペインメニューから「デバイス」>「すべてのデバイス」を選択し、「追加」をクリックします。

  5. サーバ欄の「Windows」もしくは「Lniux」をクリックします。

    ここでは、Windowsを選択した場合を例として説明します。

    「Windowsマシンの追加」ダイアログにて、下記の情報をそれぞれ入力し、「追加」をクリックします

    • 「Windowsを実行中のマシンを指定:」欄に、対象サーバのホスト名またはIPアドレスを入力します。

    • 「ユーザー名」「パスワード」欄に、対象サーバで管理者権限のあるアカウントの資格情報を入力します。

    • 「エージェントからアクセスする管理サーバの名前またはIPアドレスを指定します。」欄のドロップボックスにて、エージェントからアクセスできる管理サーバのホスト名かIPアドレスを選択します。

  6. 対象サーバへエージェントのインストールが行われます。

  7. 「すべてのデバイス」一覧に、エージェントをインストールしたサーバが追加されていることを確認します。