NAPTの送信用アドレス(SNAT)を設定する

Edgeゲートウェイのネットワークアドレス変換設定のうち、SNAT(Source NAT)を設定する方法を説明します。SNATは、Edgeゲートウェイから外部に送信するパケットの送信元アドレスをグローバルIPアドレスに変換する設定です。

edit
補足

開通時は、SNATが設定されていないため、インターネットに接続できない状態です。

  1. ユーザ管理者の権限を持つユーザで、セルフポータルサイトにログインします。

    「ユーザ管理者とユーザの権限について」

  2. Edgeゲートウェイに割り当てられたグローバルIPアドレスを確認します。

    グローバルIPアドレスを確認する方法は、 「グローバルIPアドレスを確認する」 を参照してください。

  3. 「テナント設定」タブをクリックします。

  4. 左ペインで「Edgeゲートウェイ」をクリックします。

    Edgeゲートウェイの一覧が表示されます。

  5. SNATを設定するEdgeゲートウェイを右クリックし、「サービス設定」をクリックします。

    「サービスの構成」画面が表示されます。

  6. 左ペインで「NAT」をクリックします。

    NAT設定の一覧が表示されます。

  7. 「SNATの追加」ボタンをクリックします。

    NATルールを選択し、「編集」ボタンをクリックすると編集できます。
    NATルールを選択し、「削除」ボタンをクリックすると削除できます。

    「SNATルールの追加」画面が表示されます。

  8. SNATルールを追加します。各項目を設定し、「OK」ボタンをクリックします。

    項目 説明
    適用ネットワーク 適用するネットワークを「SharedExternal<xx>」から選択します。
    順番 値の小さいルールの優先順位が高くなります。
    説明 SNATルールの説明を256文字以内で入力します。
    変換前ソースIPの範囲(内部) テナントネットワークに設定したプライベートIPアドレスを入力します。
    変換後ソースIPの範囲(外部) Edgeゲートウェイに割り当てられたグローバルIPアドレスを入力します。
    ご利用のグローバルIPアドレスが1つのみの場合は、開始と終了の欄に同じIPアドレスを入力します。
    有効化 チェックを入れると、SNATルールが有効化されます。
  9. 一覧にNAT設定が追加されていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

    SNAT設定が完了します。

SNATの設定例

図のとおり構成するには、以下のように設定します。

項目
適用ネットワーク SharedExternal01
順番 1
説明 SNATの設定例
変換前ソースIPの範囲(内部) 192.168.1.100-192.168.1.200
変換後ソースIPの範囲(外部) X.X.X.X-X.X.X.X
有効化 チェックを入れる