サービス内容

ホワイトクラウド ASPIRE

サイト

ホワイトクラウド ASPIREは、東日本および西日本のデータセンターでサービス提供しています。互いは独立しており、各々を「サイト」と呼称しています。
物理的に離れた2サイトを活用いただくことで、BCP・DR対策に効果的です。

サイト

提供メニュー

基本メニュー 東日本サイト 西日本サイト
リソースプール型
サーバ専有型
(サーバ専有型V2のみ)
リモートバックアップ型
従量課金型

サービスマップ

ホワイトクラウド ASPIREでは、インフラ部分の基本メニューに加え、各種オプションサービスを提供いたします。

サイト
パブリックメニュー概要図
  • ※1「追加ストレージ(エコノミーストレージタイプ)バックアップなし」ご利用の際は下記2点ご注意ください。
    • リソースプール型とサーバ専有型のみご利用可能です。
    • 「ストレージ(SSD)のバックアップなし」のお申し込みが必要です。
  • ※2 「追加ストレージ(エコノミーストレージタイプ)バックアップあり」ご利用の際は下記2点ご注意ください。
    • リソースプール型とサーバ専有型のみご利用可能です。
    • 「追加ストレージ(エコノミーストレージタイプ)バックアップ1世代」は「ストレージ(SSD)のバックアップ1世代」のお申し込みが必要です。
    • 「追加ストレージ(エコノミーストレージタイプ)バックアップ7世代」は「ストレージ(SSD)のバックアップ7世代」のお申し込みが必要です。
  • ※3「リモートバックアップタイプ」はリモートバックアップ型のみご利用可能です。
  • ※4「DRタイプ」はリモートバックアップ型のみご利用可能です。

基本メニュー

基本メニュー
  • ※1「追加ストレージ(エコノミーストレージタイプ)バックアップなし」は「ストレージ(SSD)のバックアップなし」のお申し込みが必要です。
  • ※2 「追加ストレージ(エコノミーストレージタイプ)バックアップ1世代」は「ストレージ(SSD)のバックアップ1世代」のお申し込みが必要です。
  • ※3 「追加ストレージ(エコノミーストレージタイプ)バックアップ7世代」は「ストレージ(SSD)のバックアップ7世代」のお申し込みが必要です。
  • ※4DRタイプのバックアップは、2時間毎に取得・7日分のデータを保管いたします。
  • ※5東(西)日本サイトのDRタイプを選択した場合、基本契約容量を上限として、西(東)日本DR用リソース(CPU・メモリ・ストレージ)のお申し込みが別途必要です。

基本メニューのインフラ構成

3つのインフラ構成の違い

サーバリソース

  • 4つのタイプのサーバリソースをご提供します。
  • サーバリソースの範囲内で仮想マシンのサイズは自由に設定可能です。
  • 「サーバ専有型」は、お客さまに物理サーバを自社専有に提供するサービスとなりますので、よりセキュアで性能を担保したご利用が可能です。
リソースプール型 サーバ専有型 リモートバックアップ型 従量課金型
課金 月額固定 月額固定 月額固定 時間従量
CPU 1GHz単位 1サーバ単位+
HAサーバ※1
1GHz単位 1vCPU単位
メモリ 1GB単位 1GB単位 1GB単位
リソース
保証
CPU:50%
メモリ:100%
- CPU:50%
メモリ:100%
CPU:
ベストエフォート
メモリ:100%
CPU
スペック
1vCPU≒2.4GHz
  • ※1「サーバ専有型」のサーバリソースは、システム管理消費のため物理リソースとユーザ割当リソースが異なります。
    • サーバ専有型
      物理リソース:CPU 38.4GHz/メモリ 256GB
      ユーザ割当リソース:CPU 30GHz/メモリ 240GB
    • サーバ専有型V2
      物理リソース:CPU 95.9GHz/メモリ 256GB
      ユーザ割当リソース:CPU 80GHz/メモリ 240GB

ストレージメニュー

ストレージの特長

  • ストレージは、SSDタイプ・リモートバックアップタイプ・エコノミーストレージタイプ(追加ディスク用)の3タイプがあります。
  • バックアップ&リストア機能を追加可能です。

SSDタイプ・エコノミーストレージタイプ

SSDタイプ・エコノミーストレージタイプ

リモートバックアップタイプ

リモートバックアップタイプ

DRタイプ

DRタイプ
ストレージタイプ SSDタイプ リモート
バックアップ
タイプ
DRタイプ エコノミー
ストレージ
タイプ
申込単位 リソース
プール型
1GB単位
(最少50GB〜)
- - 500GB単位
サーバ専有型 100GB単位 - - 500GB単位
リモート
バックアップ型
- 1GB単位
(最少50GB〜)
1GB単位
(最少50GB〜)
-
従量課金型 1GB単位 - - -
バック
アップ※1
機能
方式 ローカルバックアップ
(同一筐体)
ローカル
バックアップ
(同一筐体)
リモート
バックアップ
(別筐体)
ローカル
バックアップ
(同一筐体)
単位 仮想マシン
スケジュール 日次※2 2時間毎 日次※2
世代 1世代 or 7世代 7世代※3 1世代 or 7世代
リストア 実施方法 セルフポータルサイトよりお客さま自身でリストア※4
単位 仮想マシン
リストア方式 上書き or 新規
  • ※1基本サービスで提供するバックアップは、バックアップデータの完全性を保証するものではありません。
  • ※2取得タイミングは指定可能です。
  • ※3DRタイプのバックアップは、2時間毎に取得・7日分のデータを保管いたします。
  • ※4お客さまのリクエストに基づき、当社にてリストア作業を実施することも可能です。

無料提供する機能

  • インターネット接続
  • グローバルIPアドレス:1個(追加はオプション)
  • ファイアウォール機能
  • ロードバランサ機能
  • プライベートネットワーク
  • VMアップロード&ダウンロード機能
  • パフォーマンスモニター
  • HAサーバ(サーバ専有型は除く)
  • 用途別に2つのポータルを提供
  • プロビジョニングポータルでは、仮想マシンの管理、リソース管理、ネットワーク管理が可能
  • サポートポータルでは、各ドキュメント、問い合わせが可能

2つのポータル

2つのポータル
  • プロビジョニングポータルは、二要素認証でのログイン対応をし、かつグローバルIPアドレスのIPアクセス制御機能を設けることで、セキュリティに対して万全の対応をしています。

オプションメニュー

オプションメニュー

オプションメニュー(ネットワーク)

  • L2セグメント

    セキュアなネットワークサービスや、コロケーションなどに他サービスとネットワーク接続する際に利用するオプションとなります。

  • インターネット接続

    インターネット接続を、もう1セット追加提供するオプションです。
    オプションには、ソフトウェアファイアウォール、1Gbpsベストエフォートのインターネット接続とグローバルIPアドレス1個が含まれます。

  • グローバルIPアドレス

    1IPアドレス単位での追加ができます。最大16IPまで利用が可能です。

  • ファイアウォールリソース拡張

    ソフトウェアファイアウォールのスケールアップが可能となります。スケールアップすることで、ファイアウォールの様々な機能が利用可能となります。

    • ロードバランサ機能などを利用する際に追加をおすすめいたします。
  • 専用型ロードバランサ

    ASPIREが標準提供するロードバランサ機能とは別に、セイコーソリューションズ株式会社が提供する「 Netwiser Virtual Edition SX-3890」を専用型ロードバランサオプションとして提供します。

本サービスで提供するネットワークセグメント

オプションメニュー(セキュリティ)

オプションメニュー(移行)

  • VMインポート

    大容量な仮想サーバをASPIREへの移行オプションです。
    VMwareベースで作成された大容量の仮想サーバをASPIRE環境に移行したい方はこちらをおすすめします。

  • Acronis Cyber Backup powered by ASPIRE

    アクロニス社バックアップソフト「Acronis Cyber Backup」を利用したASPIREへの移行ツールオプションです。
    オンプレミス環境の物理サーバや仮想サーバなどをASPIREに移行したい方はこちらをおすすめします。

お問い合わせ

  • 「お試し利用」と「見積シミュレーション」は「ホワイトクラウド ASPIRE プライベートクラウド」には対応していません。