サービス概要

ホワイトクラウド デスクトップサービス

「デスクトップサービス※1」とは、ノートPC、デスクトップPC、iPhone、iPad、などさまざまなデバイスから時間や場所にとらわれることなく、いつでもどこからでも同じデスクトップ環境にリモートアクセスが可能になる仮想デスクトップサービスです。

お問い合わせフォーム

もっと自由な働き方をセキュアに ソフトバンクのデスクトップサービス

概要

データセンターに構築された仮想デスクトップ環境が自身のデスクトップ環境となります。仮想デスクトップはシンクライアント端末などからアクセスして利用するため、BCP※2強化にもなります。また、自宅PCや私物端末などからも利用が可能となるため、BYOD※3としての活用も可能となります。

いつでも、どこでも、どのデバイスでも、スピーディに各仮想デスクトップ環境へセキュアにアクセス!

デスクトップサービス概要

  • ※1
    デスクトップサービス(仮想デスクトップサービス)とは、キーボードやマウスなどの入力装置で操作した内容をデータセンター内のサーバに送信、サーバ上に構築された仮想デスクトップのOSで処理した結果を画面データとして端末に表示する仕組み。
  • ※2
    BCPとは、Business Continuity Planの略語で、大災害や大事故などの通常業務が困難になる事態が発生した際に、事業の継続や復旧を速やかに遂行するために策定される計画。
  • ※3
    BYODとは、企業などで従業員が私物の情報端末などを持ち込んで業務で利用すること。

仮想デスクトップの導入メリット

仮想デスクトップの導入による一般的なメリット

メリット1

OSもアプリケーションも作業データはすべてデータセンターにある仮想デスクトップで管理するためセキュリティは強固。端末内にデータは一切保存されません!端末紛失時にも個人情報漏えいリスクが軽減

メリット2

仮想デスクトップへのアクセスはデバイスを選ばないので、ワークスタイルに合わせたデバイス利用が可能。生産性も向上します。

メリット3

ウイルスチェックのアップデートやOSのセキュリティパッチはデータセンターにある仮想デスクトップへ一斉に適用可能。適用漏れに伴う感染リスクが軽減。

メリット4

仮想デスクトップの情報はローカルへ残らないため、在宅勤務やBYODのケースにも安心して対応可能。
個人所有のPCがそのままワークスペースに。もちろん iPad でも。

メリット5

データセンター内の仮想デスクトップを管理することで、OSやアプリケーションのライセンスも一括管理可能に。管理運用負荷の軽減へ。

デスクトップサービスの導入で変わるコスト構造

一般的に多数のPCを保有しかつ情報漏えいリスク対策、不正利用対策、ウイルス対策などを実施している場合、以下のようなコストがかかっていることが想定されます。
デスクトップサービス(仮想デスクトップサービス) を導入することで意外なコスト削減の実現と削減したコストをもとに営業効率の向上も期待できます。

コスト構造

デスクトップサービスの優位性

デスクトップサービスは仮想デスクトップソリューションとして以下の特長があります。

Point.1
小規模の構成で仮想デスクトップの利用が可能

ソフトバンクのデスクトップサービスでは、30デスクトップパック(仮想デスクトップが30台構築されるプラン)からご用意しておりますので、小規模の仮想デスクトップ利用用途にも対応しております。

スタンダード

Point.2
既存資産の有効活用が可能

ご利用中のPC端末(FAT-PC)をシンクライアント端末化するUSB型シンクライアントをご用意しております。こちらのオプションを利用して仮想デスクトップへアクセスすることで、新たなシンクライアント端末を購入することなく、仮想デスクトップのご利用が可能になります。

  • USB型シンクライアントについては端末相性がありますため、事前検証実施の上、ご利用可否のご判断をいただくことになります。
スタンダード

Point.3
安定した基盤で仮想デスクトップ環境ご用意

仮想デスクトップのシステム領域はオールフラッシュストレージで構成されております。一般的にVDIの大きな課題となるストレージのボトルネックがなくなり、快適な仮想デスクトップ環境をご提供します。

  • 仮想デスクトップ上に構成されているOS自体を導入する領域を指します。
プレミアム スタンダード

Point.4
ユニファイドコミュニケーション対応

一般的に仮想デスクトップサービスではテレビ会議型のコミュニケーションツールの利用が苦手とされていましたが、ソフトバンクのデスクトップサービスで「 Skype for Business 」 を使えば快適なユニファイドコミュニケーションを実現できます。

プレミアム

Point.5
ランサムウェア、0デイ攻撃対策

先端の仮想テクノロジにより仮想デスクトップ単位までセキュリティゾーンを狭めることが可能です。被害の最小化と拡大防止を同時に実現できます。

プレミアム

Point.6
エンドポイントセキュリティ

ソフトバンクが提供するクラウド型のデータ解析プラットフォーム「Cybereason」、「マネージドyarai」は、エンドポイントのログを収集し、侵入したマルウェアのサイバー攻撃の兆候をリアルタイムに検知することができます。

プレミアム スタンダード

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

サービスパンフレットのダウンロード

資料ダウンロードフォーム

デスクトップサービス(仮想デスクトップ)

デスクトップサービス(仮想デスクトップ)のカテゴリ

法人サービス > クラウド > IaaS > デスクトップサービス(仮想デスクトップ)

関連導入事例

    あわせてよく検討されるサービス

    • SmartVPN
      VPN設計を簡略化し、お客様のニーズに応じた柔軟な構成を実現。クラウドサービスとシームレスに接続可能です。

    • セキュリティ
      ネットワークのセキュリティをトータルにサポートするサービスや、お客様側で設備を用意する必要のないクラウド型サービスなど、お客様のニーズにあわせてご提案いたします。

    • データセンター
      データセンターに直結したソフトバンクの高品質なネットワークサービスが利用できるだけではなく、モバイル接続、クラウドサービス、セキュリティサービスなどとの併用も可能です。

    クラウド関連情報

    仮想デスクトップ

    仮想デスクトップ(デスクトップサービス)の概要。iPhone、iPadなどさまざまなデバイスから、仮想デスクトップ環境にリモートアクセスすることが可能なサービスです。データセンター側にデスクトップ環境があることで情報漏えいリスクを削減。自宅PCからも仮想デスクトップ環境を利用できるので、BCP強化やBYODとして活用できます。