Red Hat Cloud Access

Red Hat Cloud Accessについて

ソフトバンクはRed Hat社の認定クラウドプロバイダーであり、お客様が保有するRed Hatライセンス(Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション)は「Red Hat Cloud Access」に登録することで、「VMware vCloud® Datacenter Services」へ持ち込みすること(BYOL)が可能です。
OSサポートはRed Hat社より提供されます。
「Red Hat Cloud Access」についての詳細は、下記のRed Hat社のWebサイトをご覧ください。

ご利用方法

Red Hat社のWebサイトにて詳細をご確認のうえ、「Red Hat Cloud Access」のお申し込みをお願いいたします。登録後に、「VMware vCloud® Datacenter Services」へRed Hatライセンスを持ち込むことが可能となります。

  • お客様所有のRed Hat社のログインアカウントが必要です。また、登録フォームでお客様のTDB企業コード(帝国データバンク社)をご入力ください。

持込み可能OS

vCloud DirectorがサポートするOSが対象となります。詳細は、ヴィエムウェア社のWebサイトをご確認ください。

VMware vCloud® Datacenter Service

VMware vCloud® Datacenter Serviceのカテゴリ

法人サービス > クラウド > IaaS > VMware vCloud® Datacenter Service > よくあるご質問

関連導入事例

    クラウド関連情報